キャリアニュース

「キャリアニュース」の連載記事一覧です。

キャリアニュース:

米マンパワーグループが「次世代ワークスタイル」についての調査結果を発表。日本を含む12カ国の回答者の87%が新しい働き方を支持したが、日本は次世代ワークスタイルに抵抗を示しており、調査国中で最下位だった。

【MONOist】()
キャリアニュース:

20代の男女を対象とした「仕事の価値観」についてのアンケート調査結果を総合求人・転職支援サービス「エン転職」が発表。仕事に求めることの1位は「プライベートを大切に働けること」で、59%が回答した。

【MONOist】()
キャリアニュース:

産業能率大学総合研究所とHR総研が、「日本企業における社員の働き方に関する実態調査」の結果を発表。長時間労働が疑われる企業の風土は、社内調整を過度に重視し、定時に帰りにくいなど、長時間労働を招く要因に該当するものが多かった。

【MONOist】()
キャリアニュース:

求人サイト「ミドルの転職」が「転職後のギャップを避ける方法」についての調査結果を発表。ギャップを感じる原因として、59%が「入社前の情報収集不足」を挙げた。また、ギャップを避けるには「風土・社風」の情報獲得が有効と70%が回答した。

【MONOist】()
キャリアニュース:

転職求人サイト「ミドルの転職」が「人手不足の影響」についてのアンケート調査結果を発表した。転職コンサルタントの81%が、人手不足の影響でミドル層の求人が増えていると回答。特に中小企業、メーカー、営業職で求人が増加しているようだ。

【MONOist】()
キャリアニュース:

転職サービス「DODA」が「仕事満足度ランキング2017」を発表。総合満足度は平均63.7点で、モノづくり系エンジニア(技術職)では「基礎研究・先行開発・要素技術開発」や「製品企画」など6職種で平均点を上回った。

【MONOist】()
キャリアニュース:

外資系人材紹介会社のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパンが、採用動向レポートを公開。製造業で、専門知識と英語力を持つセールス/マーケティング職のプロフェッショナルを積極的に採用している。

【MONOist】()
キャリアニュース:

ミドル層専用の転職求人サイト「ミドルの転職」が「現職にとどまるべき人材・転職すべき人材」についてのアンケート調査結果を発表。転職コンサルタントの約半数が、面談したうちの3人に1人は、転職せずに現職にとどまるべき人材だと回答した。

【MONOist】()
キャリアニュース:

マイナビが「2017年マイナビ新入社員意識調査〜3カ月後の現状〜」の調査結果を発表。社会人になって厳しさを感じたと61.4%が回答し、厳しさを感じた理由として、81.8%が「能力・スキル不足を実感したとき」を挙げた。

【MONOist】()
キャリアニュース:

新エネルギー・産業技術総合開発機構は、電機や機械など製造業を中心にAI(人工知能)分野の即戦力人材を育成する特別講座「AIデータフロンティアコース」を、大阪大学(吹田キャンパス)と東京大学(本郷キャンパス)に開講すると発表した。2017〜2019年度で総額約2億2000万円を投資し、3年間で250人以上のAI人材を育成する計画だ。

【朴尚洙 , MONOist】()
キャリアニュース:

マイナビは、三菱総合研究所と共同で、AIエンジン「HaRi」を活用した新サービスを開発した。人材領域に特化したHaRiの学習/判断能力によって、企業の採用活動や学生の企業研究をサポートする。

【MONOist】()
キャリアニュース:

転職支援サービス「エン転職」が、「テレワーク」についての調査結果を発表。テレワーク経験者は5%だった。通勤時間が有効活用でき、育児や介護との両立がしやすいことなどを理由に、経験者の67%が引き続きテレワークで働きたいと回答した。

【MONOist】()
キャリアニュース:

「fabcross for エンジニア」が、若手社会人を対象にした「入社前のイメージと現状のギャップ」の調査結果を発表した。能力や人柄が、思っていたよりすごかったのは「先輩」。また、現在と将来の待遇について、約4割が不満を感じていた。

【MONOist】()
キャリアニュース:

転職サービス「DODA(デューダ)」が「転職市場予測2017下半期」を発表。転職市場は上半期に続いて増加傾向にあり、転職希望者に有利な売り手市場が続く見込みだ。特に「電気・機械」「企画・マーケティング」、管理部門で求人が増えている。

【MONOist】()
キャリアニュース:

総合求人/転職支援サービス「エン転職」が、「退職理由」についてのアンケート調査結果を発表した。退職を考え始めたきっかけとして「給与が低かった」を挙げた人が46%と最も多かった。

【MONOist】()
キャリアニュース:

日本生産性本部の「職業のあり方研究会」と日本経済青年協議会が、新入社員の「働くことの意識」調査の結果を発表した。働き方は「人並みで十分」が高水準を維持し、「楽しい生活をしたい」「好んで苦労することはない」が過去最高を記録した。

【MONOist】()
キャリアニュース:

企業リサーチサイト「Vorkers」が「上場企業の時給ランキング2017」を発表。M&Aアドバイザリー会社の「GCA」が時給7682円で1位を獲得した。また、トップ10の企業は全て時給が5000円を超えた。

【MONOist】()
キャリアニュース:

転職サービス「DODA(デューダ)」が「転職人気企業ランキング2017」を発表。総合1位に「トヨタ自動車」が選ばれた。また、2位の「グーグル」をはじめ、「働き方改革」を進めるIT/Webサービス系企業が人気を集めた。

【MONOist】()
キャリアニュース:

エン・ジャパンが、2017年度の新入社員の特徴と育成ポイントをまとめ、発表した。2017年度の新人は、自己成長に前向きで合理的だが、周囲を巻き込むことが苦手で、競争やリスクを伴う挑戦を好まない傾向があることが分かった。

【MONOist】()
キャリアニュース:

総合人事/人財サービスを展開するアデコが「AI(人工知能)時代に求められるスキル・能力」についての調査結果を発表。AI時代に部下に求める「ビジネスで重要な能力」として「対人関係力」「創造力」を挙げた人が多かった。

【MONOist】()
キャリアニュース:

ソフトバンクは、応募者をより客観的に評価する目的で、新卒採用のエントリーシート選考の中で人工知能「IBM Watson日本語版」を活用する。

【MONOist】()
キャリアニュース:

マイナビが「2017年マイナビ新入社員意識調査」の結果を発表。仕事よりも「プライベートを優先したい」という回答が62.4%で、調査開始以来、最高の数値となった。「(アフター5は)会社以外の人と過ごしたい」も、過去最高の81.2%を占めた。

【MONOist】()
キャリアニュース:

転職求人サービス「MIIDAS(ミイダス)」は、企業/業界分析情報サービス「日経バリューサーチ(ValueSearch)」内の「業界レポート」を、転職希望者が閲覧できるサービスを開始した。業界の情報が効率的に収集でき、志望動機形成に活用できる。

【MONOist】()
キャリアニュース:

転職求人サイト「ミドルの転職」が、ミドル層の「職務経歴書・履歴書のポイント」に関する調査結果を発表。ミドル層の職務経歴書や履歴書に対し、転職コンサルタントの54%が「改善すべき点がある人が多い」と回答した。

【MONOist】()
キャリアニュース:

人事担当者向け中途採用支援サイト「エン 人事のミカタ」が、「カウンターオファー(退職希望者への引き留め交渉)」に関するアンケート調査結果を発表。カウンターオファーをしたことがあると65%の企業が回答した。

【MONOist】()
キャリアニュース:

マイナビが、日本経済新聞社と共同で実施した「マイナビ・日経 2018年卒大学生就職企業人気ランキング」の結果を発表した。理系総合ではソニーが8年ぶりの首位に。文系総合の1位は「全日本空輸(ANA)」だった。

【MONOist】()
キャリアニュース:

転職求人サイト「ミドルの転職」が「人材育成」についてのアンケート調査結果を発表した。「部下の育成に自信がある」と全体の76%が回答。部下を育成する上で気をつけていることは「コミュニケーションを多く取る」が最も多かった。

【MONOist】()
キャリアニュース:

エン・ジャパンが「ダイバーシティ」についてのアンケート調査を実施。「積極的に取り組んでいる」との答えは全体の19%にとどまった。

【MONOist】()
キャリアニュース:

マイナビが「2018年卒マイナビ企業新卒採用予定調査」の結果を発表。大学卒の採用予定数が前年実績比で17.8%増加し、業種別では「商社」「建設」「製造」で大幅な増加を目指していることが分かった。

【MONOist】()
キャリアニュース:

 日本生産性本部の「職業のあり方研究会」が「平成29(2017)年度の新入社員の特徴」を発表した。新入社員のタイプを、数多いキャラクター(就職先)を比較的容易に捕獲(内定獲得)できた「キャラクター捕獲ゲーム型」と表現している。

【MONOist】()
キャリアニュース:

「fabcross for エンジニア」が残業についての調査結果を発表した。平均残業時間が長い職種は「教育・保育関連職」で、1カ月に11時間以上残業している比率が最も高いのは「製造系エンジニア(制御・ソフトウェア系)」だった。

【MONOist】()
キャリアニュース:

転職求人サイト「ミドルの転職」が、ミドル層の異業種転職についてのアンケート調査結果を発表した。転職コンサルタントのうち、異業種転職に成功したミドル層がいると59%が回答。異業種転職が多い業種は「メーカー」だった。

【MONOist】()
キャリアニュース:

ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパンは、男性250人を対象に、女性活躍推進についての意識調査結果を発表した。女性登用を「優秀な人材獲得」につながると68%が認める一方で、能力を伴わない登用を不公平と感じる人も4割いた。

【MONOist】()
キャリアニュース:

転職サービス「DODA(デューダ)」が「転職成功者の年齢調査」の結果を発表した。転職成功者の平均年齢は「32.5歳」で過去最高となった。また、転職成功者のうち35歳以上が30.2%を占めた。

【MONOist】()
キャリアニュース:

ランスタッドが「エンプロイヤーブランド(企業魅力度)」について、日本の調査結果を発表。最も働きたい企業の総合1位に「日清食品ホールディングス」が選ばれた。

【MONOist】()
キャリアニュース:

中途採用支援サイト「エン 人事のミカタ」が「中途採用における選考辞退」についてのアンケート調査結果を発表。以前と比較して「辞退が増えた」と感じている企業は51%だった。選考辞退のタイミングや理由、対策についても尋ねた。

【MONOist】()
キャリアニュース:

転職求人サイト「ミドルの転職」が、ミドル層の求人動向についてのアンケート調査結果を発表した。2017年のミドル層を対象とした求人について、78%が「増えると思う」と回答。増えそうな求人トレンドは「首都圏から地方へ」と予想されている。

【MONOist】()
キャリアニュース:

人事担当者向け中途採用支援サイト「エン人事のミカタ」が「パワハラ」についてのアンケート調査結果を発表。45%の企業がパワハラを「把握している」と回答した。同調査では、パワハラが起きる部署の特徴や、有効な対策についても尋ねた。

【MONOist】()
キャリアニュース:

アルバイト求人サイト「エンバイト」が「2017年に身につけたいスキル」に関するアンケート調査結果を発表。身につけたいスキルとして最も多く挙がったのは「英語などの語学力」だった。取得したい資格も英語関連に人気が集まった。

【MONOist】()
キャリアニュース:

転職求人サイト「ミドルの転職」が「転職理由」についてのアンケート調査結果を発表。転職の理由やきっかけとして最も多かった回答は「会社の考えや風土が合わない」だった。また、年代によって転職の理由や不安要素に違いが見られた。

【MONOist】()
キャリアニュース:

マイナビが「2016年マイナビ企業人材ニーズ調査」の結果を発表した。対象企業の98.1%が「人材の雇用意欲がある」と回答。また、選考の際は新卒、中途採用ともに「主体性」が重視され、中途採用では「実行力」も求められていることが分かった。

【MONOist】()
キャリアニュース:

派遣のお仕事まとめサイト「エン派遣」が「ワークライフバランス」についてのアンケート調査結果を発表した。ワークライフバランス満足度が最も高かったのは「派遣社員」で、47%が「(バランスが)良い」と回答した。

【MONOist】()
キャリアニュース:

ヴォーカーズが、社員が選ぶ「働きがいのある企業ランキング2017」を発表した。総合1位には「プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン(P&G)」が選ばれた。P&Gは、評価項目の「成長環境ランキング」でも1位を獲得している。

【MONOist】()
キャリアニュース:

総合転職情報サイト「マイナビ転職」が「2016年冬の賞与に関する実態調査」の結果を発表した。賞与支給額は「20万円台」「30万円台」が最多。また「0円」が16.7%いる一方で「200万円以上」も10.4%と、賞与額に格差が見られた。

【MONOist】()
キャリアニュース:

キャリア応援マガジン「fabcross for エンジニア」が「組み込みシステム向けプログラム/OS」に関するアンケート調査結果を発表。組み込み系エンジニアが業務でよく使う言語、一番好きな言語は「C」、好きなOSは「Windows」だった。

【MONOist】()
キャリアニュース:

「fabcross for エンジニア」が「エンジニアの実態」に関する調査結果を発表。電気・機械系エンジニアは給与よりもやりがいを大事にし、ソフト系エンジニアの転職活動経験者は事務系社員の半分ほどで、転職に消極的だと分かった。

【MONOist】()
キャリアニュース:

転職サービス「DODA(デューダ)」が「転職市場予測 2017上半期」を発表。転職市場の求人数は、2016年下半期の高い水準のまま、緩やかに上昇を続けると見られる。また、11の業種・職種について求人の動向を示した。

【MONOist】()
キャリアニュース:

転職サイト「ミドルの転職」は、ミドル層の面接で「面接官が見ているポイント」のアンケート調査結果を発表した。面接時に重視されるのは「専門職種の知識・経験」「マネジメント能力」「人柄」だった。

【MONOist】()
キャリアニュース:

エン・ジャパンが「企業の人材不足」についてのアンケート調査結果を発表した。「現在、人材が不足している部門はありますか」との問いに、86%の企業が「ある」と回答した。

【MONOist】()
キャリアニュース:

リスクモンスターが「第6回 この企業に勤める人と結婚したいランキング」を発表。「国家公務員」「地方公務員」が全体、男女別ともに1位、2位を占めた。また、ベスト20の中で多かった業種は製造業で、7社がランクインした。

【MONOist】()
キャリアニュース:

転職サイト「ミドルの転職」が「労働生産性」についてのアンケート調査結果を発表した。自社の労働生産性が「低いと感じる」人は64%で、生産性を妨げることとして「1人当たりの業務量過多」を挙げた人が最も多かった。

【MONOist】()
キャリアニュース:

転職サービス「DODA」が「平均年収ランキング2016」を発表。2016年の平均年収は前回比+2万円の442万円だった。86職種のランキングでは、職種のニーズを受けて「知的財産/特許」やIT/通信の「研究開発」、「CAE解析」が大幅に順位を上げた。

【MONOist】()
キャリアニュース:

企業クチコミサイト「カイシャの評判」が、製造業界の「風通しが良い」企業ランキングを発表。風通しが良い企業として、1位に「富士ゼロックス」が選ばれた。意見や提案がしやすい社風であることが風通しの良さにつながっているようだ。

【MONOist】()
キャリアニュース:

転職支援サービス「エン転職」が「退職のきっかけ」についての調査結果を発表。退職を考えるきっかけは、年代を問わず「給与・待遇への不満」が最も多かった。

【MONOist】()
キャリアニュース:

キャリア応援マガジン「fabcross for エンジニア」が「企業規模と働きがい」に関する調査結果を発表。大企業に比べ、中小企業で働くエンジニアは「研修制度」「福利厚生」「会社のブランド力」の満足度が低かった。

【MONOist】()
キャリアニュース:

転職サイト「ミドルの転職」が「地方で働くこと」についてのアンケート調査を発表。地方で働くことに「興味がある」と回答した人は59%で、昨年より10ポイント減少した。地方で働く際の不安点は「転職先が見つからなそう」が最も多かった。

【MONOist】()
キャリアニュース:

転職サービス「DODA」が「転職理由ランキング」を発表。「ほかにやりたい仕事がある」が8回連続で総合1位だった。この回答は7業種や男女別の結果においても1位にランクインしている。

【MONOist】()
キャリアニュース:

まる出版が、理想の上司の行動に関する調査結果を発表した。「頑張りを見て評価してくれる」上司を理想に挙げた人が66.1%で最も多かった。

【MONOist】()
キャリアニュース:

20代向け転職サイト「キャリアトレック」が、転職活動の企業選びに関する調査結果を発表。転職先の企業を選ぶ際、回答者の9割が従業員との相性を重視していることが分かった。転職先が有名企業であるかは「重視しない」が6割を占めた。

【MONOist】()
キャリアニュース:

転職サイト「ミドルの転職」が「転職後の年収」についての調査結果を発表。ミドル層では、転職後に年収が「上がる人の方が多い」と、58%の転職コンサルタントが回答した。さらに転職による年収の変化を、業種や職種、役職、年代からも調べた。

【MONOist】()
キャリアニュース:

転職支援サイト「ミドルの転職」が、海外勤務についての調査結果を発表。海外勤務の辞令を「赴任先にかかわらず喜んで受け入れる」と回答した人は昨年に比べ減少し、「拒否する」が増加していた。

【ITmedia】()
キャリアニュース:

日本能率協会が「ビジネスパーソン1000人調査 仕事と健康編」の結果を発表。健康で働くためには職場の人間関係や食事、趣味の充実が大事と考えていることがわかった。また、1日の平均残業時間が2時間以上の人の25%が精神面で不調を感じていた。

【MONOist】()
キャリアニュース:

エンジニア人材サービスのVSNが「女性の復職に関する調査」の結果を発表した。出産を経て復職し、その後転職した女性は約4割。また、「現在、希望通りの条件や環境で働けている」と6割近くの人が感じていることが分かった。

【MONOist】()
キャリアニュース:

転職サイト「ミドルの転職」が「年収1000万円以上の転職実態調査」の結果を発表した。年収1000万円以上のポジションで採用が多いのは、外資系・大手企業の本部長クラス。既存事業拡大のためにスペシャリストを募集するケースが多いようだ。

【MONOist】()
キャリアニュース:

人材紹介会社集合サイト「ミドルの転職」が「自己投資」についてのアンケート調査結果を発表した。全体の65%が「自己投資をしている」と回答し、投資内容は「知性磨き」、月間の投資金額は「(1万円以上〜)3万円未満」が最も多かった。

【MONOist】()
キャリアニュース:

バイリンガルのための転職・求人情報サイトを展開する、ダイジョブ・グローバルリクルーティングが「グローバル転職求人倍率」を発表。職種別に見ると、最も高かったのが「電機(電気/電子/半導体)技術系」の8.33倍で、過去最高倍率となった。

【MONOist】()
キャリアニュース:

転職サービス「DODA(デューダ)」が「仕事に対する満足度調査」の結果を発表。「総合」「仕事内容」「給与・待遇」「労働時間」「職場環境」を指標別に点数付けしたところ、総合満足度が最も高い職種は「法務/知的財産/特許」だった。

【MONOist】()
キャリアニュース:

エン・ジャパンの「入社後活躍研究所」が「転職者の入社後活躍・定着度調査」の結果を発表した。活躍度や定着度については7割が満足と回答。転職者の活躍・定着を阻む要因には、給与への不満や職務内容とのミスマッチが多く挙がった。

【MONOist】()
キャリアニュース:

総合転職情報サイト「マイナビ転職」が「2016年夏の賞与に関する実態調査」の結果を発表した。賞与額の最多層は「30万円台」。「賞与の使い道」は、全体の約6割が「預貯金」で、年齢層が高いほど貯蓄・投資傾向が強いことが分かった。

【MONOist】()
キャリアニュース:

転職支援サービス「エン転職」が「転職のリスク」についてのアンケート調査結果を発表。9割の人が、転職にはリスクが「あると思う」と回答し、リスクと感じる点について、6割が「転職先がすぐに見つからない」ことを挙げた。

【MONOist】()
キャリアニュース:

ランスタッドホールディング・エヌ・ヴィーがシニア人材についての調査結果を発表。日本ではシニア層の継続的雇用について「不可欠」と回答した人が、18〜44歳で約40%、55歳以上では69.7%と、世代間で意識に大きな差が見られた。

【MONOist】()
キャリアニュース:

求人情報サイト「はたらこねっと」が、有給休暇についてのアンケート結果を発表。有給の取得日数は年間「6〜10日以上」が最も多かったが、「5日以下」も51%を占めた。また、有給取得の義務化法案立案について、知らなかった人が72%に上った。

【MONOist】()
キャリアニュース:

転職サービス「DODA(デューダ)」が「転職成功者の年齢調査」についての結果を発表した。2016年上半期の転職成功者の平均年齢は全体で32.3歳と、これまでで最も高かった。また、男女ともに過去最高値を更新した。

【MONOist】()
キャリアニュース:

マイナビが「2016年マイナビ新入社員意識調査 〜3カ月後の現状〜」の結果を発表。新入社員が社会人生活に期待することのうち「収入が得られる」が2012年の調査から8.3pt増加し、過去最高値に。また社会人の厳しさを実感する新人が増加していた。

【MONOist】()
キャリアニュース:

転職支援サービス「エン転職」が「ストレス解消」についての調査結果を発表。20〜50代の9割が仕事でストレスを感じていることが分かった。ストレス要因の1位は「上司との人間関係」で、5割を占めた。

【MONOist】()
キャリアニュース:

転職支援サイト「ミドルの転職」が、「転職先企業へのなじみ方」についての調査結果を発表。転職コンサルタントの66%が、ミドル層が転職先で起こしがちな失敗は「前職の仕事のやり方を持ち込む」ことだと回答した。

【MONOist】()
キャリアニュース:

中途採用支援サイト「エン 人事のミカタ」が、「女性の活躍推進」についてのアンケート調査結果を発表。女性社員の活躍・定着に取り組んでいるのは、従業員数301人以上で83%、300人以下で45%だった。

【MONOist】()
キャリアニュース:

転職サービス「DODA(デューダ)」が「転職市場予測2016下半期」を発表。下半期の転職市場は、求人数の伸びは鈍化するものの、全体では活況が続くと予測されている。

【MONOist】()
キャリアニュース:

転職支援サービス「エン転職」が「転職とお金」についてのアンケート調査結果を発表。転職を検討する理由で最も多かったのは「給与」だった。一方で、転職を検討する前に給与交渉を試みた人は20%と少なかった。

【MONOist】()
キャリアニュース:

人材紹介会社集合サイト「ミドルの転職」が「年下上司」についての調査結果を発表した。年下上司の下で働いた経験があるミドル層の6割が「仕事がしづらい」と回答。そう感じた理由や、年下上司と働く際に気をつけていることなども尋ねた。

【MONOist】()
キャリアニュース:

転職口コミサイト「転職会議」が「年収別の離職理由」についての調査結果を発表。平均年収層・高年収層ともに「人間関係に対する不満」が1位だったが、その割合や不満に対する対応は、年収層によって違いが出た。

【MONOist】()
キャリアニュース:

キャリア応援マガジン「fabcross for エンジニア」が、「新入社員の失敗」に関する調査結果を発表。新人の失敗について「仕方がない」とし、「上司・先輩のサポート不足」が原因だと考える人が多かった。

【MONOist】()
キャリアニュース:

転職サービス「DODA(デューダ)」が「DODA転職人気企業ランキング2016」の結果を発表。「転職したい会社」1位のグーグルをはじめ、新しい働き方、多様な働き方に関して発信する企業が注目され、前回ランキングから順位を上げている。

【MONOist】()
キャリアニュース:

転職サービス「DODA」が、スキルアップにかける費用についての調査結果を発表。20〜49歳のビジネスパーソンは、スキルアップに年間で平均8万7128円かけていることが明らかになった。

【MONOist】()
キャリアニュース:

エン・ジャパンが「若手転職者の入社後ギャップと満足度」についての調査結果を発表。入社前の期待に比べて「期待を大きく下回る」「期待をやや下回る」と回答した転職者の合計は25.5%で、4人に1人は入社後にギャップを感じていると分かった。

【MONOist】()
キャリアニュース:

人事担当者向け中途採用支援サイト「エン 人事のミカタ」が「ダメな面接、良い面接」についての調査結果を発表。転職希望者の84%が「ブラック面接」を経験しており、面接官の対応次第で、企業の印象が大きく左右することが分かった。

【MONOist】()
キャリアニュース:

転職サービス「DODA(デューダ)」が「転職理由」についての調査結果を発表。転職理由の1位は「ほかにやりたい仕事がある」で、2012年上半期から7回連続1位を維持した。

【MONOist】()
キャリアニュース:

エン・ジャパンが、2016年度の新入社員を対象に適正テスト「3E-IP」を実施。その結果をもとに、新人の特徴や5年前との比較、育成ポイントを発表した。それによると、周囲への興味関心が薄く、仕事と私生活のバランスを重視する新人が多いようだ。

【MONOist】()
キャリアニュース:

人材紹介会社集合サイト「ミドルの転職」が「AIに代替される仕事、されない仕事」についての調査結果を発表。AIに代替される業務が「あると思う」と76%が回答し、可能性のある職種として「一般事務」「経理」「コールセンター」が挙げられた。

【MONOist】()
キャリアニュース:

人材紹介会社集合サイト「ミドルの転職」が、妻の反対を理由に転職先の内定を辞退する「嫁ブロック」についての調査結果を発表。4人に1人が「嫁ブロック」を経験しており、そのうち約4割が「嫁ブロック」を理由に転職先の内定を辞退していた。

【MONOist】()
キャリアニュース:

総合求人・転職支援サービス「エン転職」が「未経験での転職」についての調査結果を発表。次の転職では「今と別の職種」を希望すると回答した人が全体で4割、20代では約6割いた。別職種へ転職する際の不安や重視する点も年代ごとに特徴が見られた。

【MONOist】()
キャリアニュース:

転職口コミサイト「キャリコネ」を運営するグローバルウェイが「ユーザーの口コミから見る『働きやすい会社』ランキング」を発表。1位は「グーグル」、製造業関連では10位内に「豊田自動織機」「ブラザー工業」「東京エレクトロン」が選ばれた。

【MONOist】()
キャリアニュース:

人材紹介会社集合サイト「ミドルの転職」が「希少性の高い人材」についてのアンケート調査結果を発表。92%が「希少性の高い人材ニーズは今後も増加する」と回答した。

【MONOist】()
キャリアニュース:

トーマツ イノベーションが「新入社員のキャリアに対する意識」についての調査結果を発表。専門職志向で、相談に乗ってくれる優しい上司を求める新人が多いようだ。また、男女ともに「定時に帰りたい」層が増えていた。

【MONOist】()
キャリアニュース:

Webサイト「fabcross for エンジニア」が「仕事で利用するツール/システム」に関するアンケート調査結果を発表。回答したエンジニアの49.0%が、ツールやシステムが「今後のキャリアパス(職務の変遷)に大きな影響を与える」と考えていた。

【MONOist】()
キャリアニュース:

パソナキャリアカンパニーが「女性の雇用・登用に関する企業調査」の結果を発表。女性社員を「積極的に活用していきたい」と回答した企業は65.2%で、前年と比べて6.1%増加した。

【MONOist】()
キャリアニュース:

日本生産性本部「職業のあり方研究会」が「2016年度の新入社員の特徴」を発表。めまぐるしい変化にあおられながらも自律飛行を保ち、目標地点に着地できた者が多かったことから「ドローン型」と評した。

【MONOist】()
キャリアニュース:

総合転職情報サイト「マイナビ転職」が「2015年中途採用状況調査」についての結果を発表した。75.7%の企業が、人材が「不足している」と回答。また、前年より選考基準を甘くした企業が増えていることが分かった。

【MONOist】()
キャリアニュース:

中途採用支援サイト「エン 人事のミカタ」が「2016年の中途採用」についての調査結果を発表。4割の企業が昨年よりも中途採用の人数を「増やす」と回答した。採用予定の人材は「経験者・一般クラス」が最多で、採用基準を下げる傾向も見られた。

【MONOist】()
キャリアニュース:

総合人材サービスのマンパワーグループが、求人情報についての調査結果を発表。求職者の56%が、募集内容の情報不足により応募をためらった経験があった。また4割以上が基本情報以外に「勤務時間」「残業時間」の情報を求めていることが分かった。

【MONOist】()
キャリアニュース:

人材紹介会社集合サイト「ミドルの転職」が、「パラレルキャリア」についての調査結果を発表。35歳以上の半数以上がパラレルキャリアの実践を望んでいるものの、本業以外で活動をしているのは2割程度であることが明らかになった。

【MONOist】()
キャリアニュース:

人材紹介会社集合サイト「ミドルの転職」が、「円満退職」についての調査結果を発表。退職時のトラブルとして、7割以上が「企業からの強引な引き止め」を挙げた。

【MONOist】()
キャリアニュース:

人事担当者向け中途採用支援サイト「エン 人事のミカタ」が「退職理由のホンネとタテマエ」についての調査結果を発表。約半数が本当の退職理由を伝えていなかった。

【MONOist】()
キャリアニュース:

転職サービス「DODA(デューダ)」が「転職をした年齢」についての調査結果を発表。2015年下半期の転職者の平均年齢は「32.1歳」で、過去最高を更新した。

【MONOist】()
キャリアニュース:

人事担当者向け中途採用支援サイト「エン 人事のミカタ」が、「高齢者雇用」についての調査結果を発表した。7割以上の企業が、高年齢者雇用の目的は「経験や知識の活用」だと回答。一方で、経験があるからこその課題も浮き彫りになった。

【MONOist】()
キャリアニュース:

Great Place to Work Institute Japanは、日本における「働きがいのある会社」ランキングの2016年版を発表した。製造業からも3社が、20位以内にランクインしている。

【MONOist】()
キャリアニュース:

日本生産性本部が、「コア人材としての女性社員育成に関する調査」の結果を発表。女性活躍推進法への対応について「課題がある」と回答した企業が7割以上を占めた。

【MONOist】()
キャリアニュース:

人材紹介会社集合サイト「ミドルの転職」が、仕事仲間についての調査結果を発表した。全体の65%が、職場に信頼できる人が「いる」と回答し、信頼できる相手として6割近くが「上司」を挙げた。

【MONOist】()
キャリアニュース:

ロバート・ウォルターズ・ジャパンが「グローバル給与調査 2016」で2015年の雇用傾向と2016年の見通しを発表。製造業の多くの分野で採用が活発化し、人材不足が続くエンジニアの確保が2016年は一段と困難になると分析している。

【西坂真人 , MONOist】()
キャリアニュース:

20代向けの転職サイト「careertrek」などを展開するビズリーチが、5年後の理想のキャリアに関するアンケート調査結果を発表。約4割が5年後の理想のキャリアとして「専門性を高めてスペシャリストになりたい」と回答した。

【MONOist】()
キャリアニュース:

人材紹介会社集合サイト「ミドルの転職」が、転職コンサルタントを対象にした調査結果を発表。94%がミドル層の転職希望者に、中小企業への転職を「薦める」と回答した。

【MONOist】()
キャリアニュース:

転職サービス「DODA」が「転職市場予測2016上半期」を発表。2016年上半期の転職市場は、多くの業種で求人数が緩やかに増加し、転職希望者にとって有利だと予測されている。

【MONOist】()
キャリアニュース:

人材紹介会社集合サイト「ミドルの転職」が、「年収アップ転職の実現」についての調査結果を発表。転職経験者の50%が、転職を機に年収が「上がった」と回答した。

【MONOist】()
キャリアニュース:

人材紹介会社集合サイト「ミドルの転職」が、「出世する人、しない人」についての調査結果を発表。回答した転職コンサルタントの6割近くが、出世できない人に共通する人柄として「コミュニケーション能力が低い」を挙げた。

【MONOist】()
キャリアニュース:

転職サービス「DODA」が、ホワイトカラー系職種の男女約22万人を対象にした調査結果を発表。2015年の平均年収は440万円で、前年比2万円減となった。

【MONOist】()
キャリアニュース:

人材紹介会社集合サイト「ミドルの転職」が、転職コンサルタントを対象に「管理職」に関するインターネット調査を実施。中小企業が組織強化を目的として、営業管理職の人材を求めるケースが多いことが分かった。

【MONOist】()
キャリアニュース:

人材紹介会社集合サイト「ミドルの転職」が、サイト利用者を対象にした「雇用延長」の調査を実施。回答者の6割が「70歳以上の雇用延長制度があれば、転職を踏みとどまる」と答えた。

【MONOist】()
キャリアニュース:

働きながら介護をする人の76.5%が在宅で介護をしており、特に30〜40代に「在宅型」が多かった。また、88.5%が介護休業制度を利用しておらず、会社に制度があるか分からない人も2割弱いた。

【MONOist】()
キャリアニュース:

「未来の面接プロジェクト」の第1弾として、転職情報サイト「DODA」が開発。Oculus Riftと感情解析エンジンを利用し、最終的にはユーザーに適した業種・職種を案内する。

【MONOist】()
キャリアニュース:

エン・ジャパンが転職コンサルタント187人を対象にしたアンケート調査の結果を公開。専門性やリーダーシップ、グローバル対応力を持つミドル層は、転職することで年収アップできる傾向があると分析している。

【MONOist】()
キャリアニュース:

「働きやすい職場」をテーマにした女性向けのアンケート調査で、「現在の職場は働きにくい」と感じる理由を尋ねたところ、20代では「休暇を取りにくい」、30〜40代では「社内のコミュニケーションが円滑でない」ことを挙げた回答者が最も多かった。

【MONOist】()
キャリアニュース:

リスクモンスターが発表した「大学1、2年生が就職したいと思う企業・業種ランキング」によると、業種別の就職したくないランキングで、「自動車・重機械」が2位に、「電機・精密」が5位にランクインした。

【MONOist】()
キャリアニュース:

ビズリーチが平均年収923.2万円の男女1395人を対象に調査したところ、4割以上が勤務先では女性活躍推進への取り組みが不十分だと回答した。

【MONOist】()
キャリアニュース:

エン・ジャパンは、中途採用の実施状況や採用基準についてのアンケート調査結果を発表。「応募数」「面接設定」「選考辞退」などの面で、採用企業の悩みが増している現状が明らかになった。

【MONOist】()
キャリアニュース:

ディップの「女性が本当に働きやすい職場」についての調査で、結婚や出産を経ても今の職場で働きたい理由として「今の仕事が好きで、そのまま続けたいから」「社内の人たちの理解・サポート体制があるから」が同じ30%になった。

【MONOist】()
キャリアニュース:

エン・ジャパンは、ミドル管理職・若手管理職・大学生を対象に実施した適性テストの結果を比較分析。3者には「コミュニケーション力」や「エネルギー量」などに大きな違いが認められた。

【MONOist】()
キャリアニュース:

ビズリーチは、新卒で就職活動した人を対象に、就職活動や新卒入社の会社について調査を実施。4割以上が入社した会社について「後悔」しており、そのうち約5割は「リベンジ転職」を考えていることが明らかになった。

【MONOist】()
キャリアニュース:

ASEAN諸国勤務を希望する人への意識調査で、シンガポールが勤務地の希望第1位、タイが第2位に。語学面でのプレッシャーの少なさと土地への順応しやすさを重視しているという調査結果が出た。

【MONOist】()
キャリアニュース:

エン・ジャパンが人材紹介会社集合サイト「エン転職コンサルタント」上で、転職コンサルタント123人を対象にアンケート調査を実施。転職コンサルタントがミドル層の市場価値を評価する際の判断軸について調査した。

【MONOist】()
キャリアニュース:

転職コンサルタントの74%がミドル層の採用ニーズは前年よりも「増えている」と回答。「減っている」は0%だった。

【MONOist】()
キャリアニュース:

2015年4月入社の新入社員は、社会人になったことで61.4%が厳しさを感じていたものの、35.6%が「想像していたよりも、厳しくなかった」と回答。前年の29.2%から6.4ポイント増となった。

【MONOist】()
キャリアニュース:

キャリア情報サイト「瓦版」を運営する全研本社は、ビジネスパーソンの「睡眠時間」について調査。63%の平均睡眠時間が5〜6時間になっていることが分かった。

【MONOist】()
キャリアニュース:

エン・ジャパンの運営する女性向け求人情報サイト「エンウィメンズワーク」では、女性1101人を対象に「転職のリスク」を調査。「辞める」よりも「とどまる」ことにリスクを感じる女性が多くなっていることが明らかになった。

【MONOist】()
キャリアニュース:

エン・ジャパンが求人情報サイト「エン転職」を利用する転職希望者8156人を対象にした調査結果を発表。約半数が仕事にやりがいを感じていない中、転職でやりがいのある仕事に就くために重視すべき点を伝えている。

【MONOist】()
キャリアニュース:

Media Shakersが運営する情報サイト「M1・F1総研」が、20〜40代の2084人を対象にした調査結果を発表。9割以上の人が「対話力」と「状況判断力」を社会人全般に必要なスキルだと回答した。

【MONOist】()
キャリアニュース:

エン・ジャパンが「エン 人事のミカタ」を利用している221社を対象に調査したところ、人材の外部流出を防ぐ「リテンション」を既に実施している企業は3割、今後積極的に取り組む予定の企業が7割弱あることが明らかになった。

【MONOist】()
キャリアニュース:

エン・ジャパンが求人情報サイト「エン転職」を利用する転職希望者3026人を対象に調査を実施したところ、面接をきっかけに「この会社には入社したくない」と思ったことがある人が8割以上いることが明らかになった。

【MONOist】()
キャリアニュース:

エン・ジャパンが総合求人・転職支援サービス「エン転職」の利用者を対象に調査を実施。現在の仕事を選んだ理由、次の仕事の選び方について調べている。

【MONOist】()
キャリアニュース:

アメリカの大手求人情報サイト「CareerBuilder」が人事担当者2175人を対象にした調査を実施。インターネット利用や人間関係が職場の生産性を下げるとの考えから、74%の担当者が何らかの対策を講じていると伝えている。

【MONOist】()
キャリアニュース:

転職コンサルタントを対象に行ったアンケートで「転職を検討している3人に1人は転職せずに現職にとどまるべき」と感じている転職コンサルタントが多いことが分かった。

【MONOist】()
キャリアニュース:

全研本社がブラック企業に関する意識調査を実施。回答者の8割弱がブラック企業に対して「長時間労働」「パワハラ」といった印象を持っていた半面、「低賃金」を挙げた人は14%と比較的少数にとどまった。

【MONOist】()
キャリアニュース:

VSNが発表した「業界別に見るビジネスパーソンの意識調査」から、他業界と比べて製造業で働くビジネスパーソンは、勤務先の福利厚生について「充実している」と感じていることが明らかになった。

【MONOist】()
キャリアニュース:

「グローバル転職(語学力を武器にした転職)」の求人倍率で、製造業が2位となり11カ月連続で高倍率をキープ。ただし求人数自体は減少傾向に。

【MONOist】()
キャリアニュース:

エン・ジャパンが総合求人・転職支援サービス「エン転職」を利用する転職希望者2629名を対象とした調査を実施。中途採用面接の実態を伝えている。

【MONOist】()
キャリアニュース:

エン・ジャパンが人材紹介会社集合サイト「エン転職コンサルタント」上で転職コンサルタント112名を対象にした調査を実施。「年収1000万円以上の転職の実態」に関するレポートを発表した。

【MONOist】()
キャリアニュース:

日本法規情報が631名を対象に、就労環境問題に対する意識調査を実施。社員が抱える職場や企業の体質についての不満を伝えている。

【MONOist】()
キャリアニュース:

総合人材ビジネスをグローバルに展開するランスタッドホールディングが毎年実施している調査で、ソニーが2年連続で勤務先として魅力的な企業のトップ10にノミネートされた。

【MONOist】()
キャリアニュース:

VSNが「業界別に見るビジネスパーソンの意識調査」を実施。最も働きがいを感じている業界は「医療業」、「ビジョン」「経営理念」に理解を示す社員が最も多い業界は「鉄鋼業」となった。

【MONOist】()
キャリアニュース:

アジア5カ国・地域の女性管理職比率は平均29%だったが、日本では19%。前年から4ポイント増とはなっているが、依然として最低水準にとどまっていると指摘するレポートを人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパンが発表した。

【MONOist】()
キャリアニュース:

リスクモンスターが発表した「第2回仕事・会社に対する満足度調査」の結果、年収800万円以上稼いでいても、現職での勤続意欲を示す20代の年収800万円以上は14.3%、女性の年収800万円以上は30.0%にとどまることが明らかになった。

【MONOist】()
キャリアニュース:

経団連は新卒採用をめぐる活動を後ろ倒しするよう求めているが、HRプロは調査レポート「2016年新卒採用 中間調査」の中で、就職活動は実質的には長期化していると指摘している。

【MONOist】()
キャリアニュース:

語学力を生かした転職――「グローバル転職」の求人倍率で製造業が業種別トップ。ただしその倍率ポイントは減少傾向に。

【MONOist】()
キャリアニュース:

エン・ジャパンが人事担当者向け中途採用支援サイト「エン 人事のミカタ」利用者392名を対象にした調査を発表。「一度退職した社員の再雇用」の実態を伝えている。

【MONOist】()
キャリアニュース:

総合人材サービス企業のランスタッドが企業の魅力度を調査した「ランスタッドアワード2015」を発表。4位までを食品メーカーが占め、パナソニックが5位に入った。

【MONOist】()
キャリアニュース:

エン・ジャパンが運営する人材紹介会社集合サイト「転職コンサルタント」を利用する30歳以上の1824名を対象に、「転職後のギャップ」について調査を実施。転職経験者の82%が転職後、入社前に聞いた話とのギャップを感じたと答えている。

【MONOist】()
キャリアニュース:

日本法規情報が自社の運営サイトを使って調査を実施。職場のストレスの実態について分析している。

【MONOist】()
キャリアニュース:

楽天リサーチが20代から60代の男女1000人を対象にした調査結果を発表。日本の産業の現在と将来について、日本人はどう考えているのかを伝えている。

【MONOist】()
キャリアニュース:

エン・ジャパンが転職情報サイト「エン転職」を利用する20代・855人を対象にした調査を発表。若手社員が上司についてどのような理想や希望を持っているのかを伝えた。

【MONOist】()
キャリアニュース:

エン・ジャパンが人材紹介会社集合サイト「エン転職コンサルタント」上で転職コンサルタント130人を対象に「転職活動期間に関する調査」を実施。年代・職種ごとの転職活動期間について調査している。

【MONOist】()
キャリアニュース:

人材紹介会社のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパンが2015年の転職市場のトレンドを予測。2015年も活況が続く見通しだとしている。

【MONOist】()
キャリアニュース:

エン・ジャパンが人材紹介会社集合サイト「エン転職コンサルタント」の利用者1677人を対象にした調査を発表。年収ごとの転職のきっかけや結果について伝えている。

【MONOist】()
キャリアニュース:

エン・ジャパンが人事担当者向け中途採用支援サイト「エン 人事のミカタ」上で、人事担当者189名を対象にアンケート調査を実施。中途採用の実施状況や選考基準、採用実績を調査した。

【MONOist】()
キャリアニュース:

会社評価サイト「Vorkers」に投稿された約4万件の口コミから退職理由に関するフリーコメントを分析。どのようなキーワードの出現率が高いか調査した。

【MONOist】()
キャリアニュース:

ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパンが世界31カ国における人材の需給効率についての研究結果を発表。日本の人材ミスマッチが加速していると伝えた。

【MONOist】()
キャリアニュース:

組織・人材コンサルティング企業のアルーが従業員1000人以上の企業に正社員として勤務し、2014年度に新入社員が配属された上司(管理職)とOJTトレーナー各150名を対象にしたアンケート調査の結果を発表。企業のOJTの現状を伝えた。

【MONOist】()
キャリアニュース:

エン・ジャパンが人材紹介会社集合サイト「エン転職コンサルタント」にて、転職コンサルタント135名を対象にした調査を実施。「ミドル層の転職回数と転職成功の可能性」について伝えている。

【MONOist】()
キャリアニュース:

エン・ジャパンが人事担当者向けサイト「エン 人事のミカタ」利用者を対象に、「ホワイトカラー・エグゼンプション制度(正式名称:日本型新裁量労働制、通称:残業代ゼロ法案)と時間外労働(残業)」についての意見を求めた調査結果を発表した。

【MONOist】()
キャリアニュース:

ワイルドカードがスタートアップ企業勤務者145名を対象にした調査を発表。スタートアップ企業に転職した人のキャリアステップをめぐる意識を調査している。

【MONOist】()
キャリアニュース:

エン・ジャパンが同社運営の人材紹介会社集合サイト「エン 転職コンサルタント」を利用している転職コンサルタント147名を対象にした調査結果を発表。ミドル層の「失敗しない転職のコツ」について伝えている。

【MONOist】()
キャリアニュース:

ダイジョブ・グローバルリクルーティングが同社運営の転職・求人情報サイトの利用者を対象にした調査結果を発表。語学力と年収の関係性を分析している。

【MONOist】()
キャリアニュース:

就職・転職情報サイトを運営しているプールサイドが、入社3年以内の新卒社員100人に「就業事情」に関する調査を実施。新卒で入社した社員の考えや本音を調べた。

【MONOist】()
キャリアニュース:

悪印象を与えた面接官の行動としては、「タバコを吸いながら面接された」「面接中に、面接官が携帯電話を触り出した」などのマナー違反や、「時間通りに行ったにもかかわらず 『一時間後に出直してほしい』と言われた」などの連絡不備などが挙げられた。

【MONOist】()
キャリアニュース:

現在の定年年齢について、75%の企業が「60歳」と答えた。現状では、定年が65歳以上か、定年を定めていない企業は、20%にとどまっている。

【MONOist】()
キャリアニュース:

テンプスタッフ・テクノロジーが、登録スタッフ向けにCATIAの研修を無償で提供する教育プログラムを開始する。製造業における3次元CAD操作技術者の需要増に向け、即戦力人材を育成する狙い。

【MONOist】()
キャリアニュース:

エン・ジャパンが人事担当者269人を対象にした調査を発表。2014年7月1日に施行された改正「男女雇用機会均等法」に対する、各企業の取り組みについて伝えている。

【MONOist】()
キャリアニュース:

転職率が高かったのは順に「グローバルリア充層」(57.6%)、「無関心ほどほど層」(52.9%)、「堅実プラスアルファ憧れ層」(40.4%)、「保守的ガラパゴス層」(39.6%)となった。

【MONOist】()
キャリアニュース:

トリップアドバイザーの調査によると、「転職する際に、休暇を取れた」のは79%。そのうち、45%が「転職旅行へ行った」という。

【MONOist】()
キャリアニュース:

53%の人事関係者が、メンタルヘルス不調者は「増えている」と回答。メンタルヘルスが不調に陥っている主な原因として最も多く挙げられたのは「職場の人間関係」(62%)だった。

【MONOist】()
キャリアニュース:

18〜30歳の35%が「上司から細かい指示を受けるような階層型組織で働きたい」と答える一方、39%が「自主性を尊重する職場環境で自分のペースで仕事がしたい」と回答している。

【MONOist】()
キャリアニュース:

仕事のための学習方法について調査したところ、「本」(73%)や「Webサイト」(46%)との回答が多かったが、20代に限定してみると「セミナー」(44%)や「朝活」(45%)といった学習方法が目立った。

【MONOist】()
キャリアニュース:

最も心に響いたアドバイスをくれた人の1位は「上司」(23%)。続いて「家族」「先輩」がそれぞれ18%で同率2位だった。

【MONOist】()
キャリアニュース:

残業時間を職種別に見ると、20位にようやく「医療用具・医療機器の研究・開発」(56.67時間)が入るのみで、他業種と比べて比較的残業時間が少ない傾向となっている。

【MONOist】()
キャリアニュース:

エン・ジャパンの調査では、異業種からの人材を積極的に採用している業種として「メーカー」(35%)、「IT・インターネット」(30%)、「商社」(22%)が挙げられた。

【ITmedia】()
キャリアニュース:

エン・ジャパンが発表した「ワーキングマザーに関する意識調査」によると、ワーキングマザーが職場にいることの影響は、1位が「時間に対する意識向上」(74%)、2位が「価値観の多様化」(70%)、3位が「未婚女性社員のキャリアイメージ醸成に寄与」(62%)となった。

【MONOist】()
キャリアニュース:

人事担当者が中途採用人材に求めるのは「専門性」(54.9%)との回答が最も多かったが、実態としては未経験者・第二新卒なども一定の割合で採用されていることが明らかになった。

【MONOist】()
キャリアニュース:

「風通しの良さ」上位30社に「アジレント・テクノロジー・インターナショナル」「ノーテルネットワークス」が同点で8位に入るも、「社員の士気」では上位30社に1社も入らなかった。

【MONOist】()
キャリアニュース:

転職求人倍率をまとめた「DODA 転職求人倍率レポート」の2014年4月版をDODA(デューダ)が発表。採用の勢いは衰えず、消費税増税による求人数への影響もなかった。

【MONOist】()
キャリアニュース:

エン・ジャパンが転職コンサルタントを対象にした調査を発表。転職希望者が面接で失敗した理由、面接に向けてどのようなアドバイスが必要かを伝えている。

【MONOist】()
キャリアニュース:

ソニーで設計開発から事業企画・戦略立案まで幅広く実績を残し、社長賞も受賞した倉地弘之氏を講師に招き、3月29日(土)13時30分からセミナーを開催する。

【MONOist】()
キャリアニュース:

今の会社に「今後も勤め続けたい」と答えた割合は、「食品製造業」(50.0%)、「資材製造業」(74.1%)、「機械器具製造業」(69.1%)、「その他製造業」(75.8%)だった。

【MONOist】()
キャリアニュース:

採用活動が活発な時期は、1月を1.0にした場合、3月と9月が1.7で1年間のピーク。職種別に見ると、モノづくり系エンジニアは月ごとの変動が全職種の中で最も大きかった。

【MONOist】()
キャリアニュース:

2014年度に賃金改善を見込んでいる企業の割合は、前年度比7.1ポイント増の46.4%。製造業は47.2%と平均を若干上回った。

【ITmedia】()