グローバル設計・開発

グローバルな製品展開で適切なローカライズとコストコントロールを両立させるために、モノづくりの環境に必要なもの、マネージャが考えておくべきことは何か。最新の設計・開発環境とそのマネジメント方法論を各界の識者が解説した記事を集めました。

注目記事

設計・開発 次の一手:

製造業を取り巻く環境は大きく変化しており、“グローバル展開を最適に行う”ということが大きなテーマとなりつつある。その中で生産だけでなく設計・開発においてもグローバル化に最適な体制構築が求められている。“真のグローバル開発体制”を実現するには何が必要か。製造業の設計・開発の現場に携わり続けてきた筆者が解説する。

(2014年6月3日)

新着記事

設計・開発 次の一手:

製造業を取り巻く環境は大きく変化しており、“グローバル展開を最適に行う”ということが大きなテーマとなりつつある。その中で生産だけでなく設計・開発においてもグローバル化に最適な体制構築が求められている。“真のグローバル開発体制”を実現するには何が必要か。製造業の設計・開発の現場に携わり続けてきた筆者が解説する。

(2014年6月3日)
PLMニュース:

ダッソー・システムズは年次ユーザーイベント「3DEXPERIENCE FORUM JAPAN 2014」を開催。それに先立ちフランス本社の社長兼CEOのベルナール・シャーレス氏が記者会見を行い、製造業を取り巻く環境の変化と同社の取り組みについて説明した。

(2014年6月2日)
PLMニュース:

シーメンスPLMソフトウェアは年次ユーザーイベント「Siemens PLM Connection Japan 2014」を開催。米国Siemens PLM Software 社長兼CEOのチャック・グラインドスタッフ氏が登壇し、製造業を取り巻く環境の変化と同社の取り組みについて説明した。

(2014年5月29日)
製造IT導入事例:

従来使用してきた専用回線ではなくAkamai Technologies提供のソリューションを利用。2014年5月以降、アメリカ・イギリス・中国といった主要海外拠点にグローバルPDMシステムを順次展開してゆく予定だ。

(2014年5月28日)
PLMニュース:

柔軟性、アジャイル方式の導入アプローチ、グローバルへの拡張性が導入の決め手となった。

(2014年5月1日)
PLMニュース:

PTCとGEの統合ソリューション「Proficy + PTC Windchill」は製品の設計部門と製造現場をクローズループで結び、設計から納入までの期間を短縮する。

(2014年4月17日)
製造IT導入事例:

ロレアルは製品ライフサイクル管理(PLM)ソフト「Teamcenter」を導入することで、パッケージング構成や製品開発に関するアイデアを技術部門間で共有し、仕様の標準化を進めていく。

(2014年3月4日)
FAニュース:

エリア実験室(照明実験室)を備え、画像処理用LED照明の種類は100以上。アメリカ西部、南部、メキシコへの事業展開を強化する。

(2014年2月24日)
製造IT導入事例:

エアバスはシーメンスPLMソフトウェアの「LMS Samtech Caesam」をベースにした共通開発環境を構築。安全域の計算におけるエンジニアリングプロセスを管理・自動化できるようになり、設計サイクル全体にかかる時間・コストを大幅に削減したという。

(2014年2月14日)
製造マネジメントニュース:

東芝は、発電システム事業の主要拠点である京浜事業所内で建設を進めてきたグローバルエンジニアリング・製造センターが完成したことを発表した。

(2014年2月6日)

「グローバルPLM〜世界同時開発を可能にする製品開発マネジメント」

グローバルPLM〜世界同時開発を可能にする製品開発マネジメント(1):

生産のグローバル化を超え、いまや設計・開発のグローバル化とローカライズが求められる時代。世界同時開発・市場投入で勝負をするために、日本企業が行うべきこととは

グローバルPLM〜世界同時開発を可能にする製品開発マネジメント(2):

個別受注型生産でもモジュラー設計は実現できる! 受注生産型製造業がモジュラー設計を取り入れる際の影響範囲や業界展望を整理する

グローバルPLM〜世界同時開発を可能にする製品開発マネジメント(3):

個別受注生産企業の業務カイゼンはどうあるべきか。エンジニアリングチェーンから読み解くリードタイム短縮、競争力強化の処方箋を紹介する

グローバルPLM〜世界同時開発を可能にする製品開発マネジメント(4):

「国内予選」で疲弊している場合じゃない! グローバルで最適な調達・製造を実現する基盤「グローバルPLMのグランドデザイン」とは

グローバルPLM〜世界同時開発を可能にする製品開発マネジメント(5):

新商品が売れない理由はガチガチの縦割り業務分担のせい!? 日本的デザインレビューの慣習を超えて「ステージゲートモデル」の開発プロセスを実現するためのヒントを紹介します。

グローバルPLM〜世界同時開発を可能にする製品開発マネジメント(6):

蓄積され、からまった仕組みをほぐして強くするためにはどうすれば良いのだろうか? 機動的なモノづくりの足かせを取り払うために知っておくべきこと、心得ておくべきことを解説。

グローバルPLM〜世界同時開発を可能にする製品開発マネジメント(7):

製品設計・開発環境やプロセスをイマドキに変更したいのに、どうしてもうまくいかない……。その理由はやっぱり……!?

グローバルPLM〜世界同時開発を可能にする製品開発マネジメント(8):

前回までで設計・開発プロセスの失敗パターンを見てきました。今回は、「じゃあ、どうしたらうまくいくの?」という疑問に答えます。

「先進企業が目指すグローバル成長期のPLM」

先進企業が目指すグローバル成長期のPLM(1):

日本にPLMを紹介する先駆けとなった書籍「CRM、SCMに続く新経営手法 PLM入門」(2003年刊)を執筆したアビーム コンサルティングの執筆チームが、その後のPLMを取り巻く環境変化と今後のあるべき姿について、最新事例に基づいた解説を行う。

先進企業が目指すグローバル成長期のPLM(2):

日本にPLMを紹介する先駆けとなった書籍「CRM、SCMに続く新経営手法 PLM入門」(2003年刊)を執筆したアビーム コンサルティングの執筆チームが、その後のPLMを取り巻く環境変化と今後のあるべき姿について、最新事例に基づいた解説を行う。

先進企業が目指すグローバル成長期のPLM(3):

日本にPLMを紹介する先駆けとなった書籍「CRM、SCMに続く新経営手法 PLM入門」(2003年刊)を執筆したアビーム コンサルティングの執筆チームが、その後のPLMを取り巻く環境変化と今後のあるべき姿について、最新事例に基づいた解説を行う。

先進企業が目指すグローバル成長期のPLM(4):

日本にPLMを紹介する先駆けとなった書籍「CRM、SCMに続く新経営手法 PLM入門」(2003年刊)を執筆したアビーム コンサルティングの執筆チームが、その後のPLMを取り巻く環境変化と今後のあるべき姿について、最新事例に基づいた解説を行う。

先進企業が目指すグローバル成長期のPLM(5):

日本にPLMを紹介する先駆けとなった書籍「CRM、SCMに続く新経営手法 PLM入門」(2003年刊)を執筆したアビーム コンサルティングの執筆チームが、その後のPLMを取り巻く環境変化と今後のあるべき姿について、最新事例に基づいた解説を行う。

「PLMは“勝ち組”製造業になる切り札か」

PLMは“勝ち組”製造業になる切り札か(1):

長い不況を抜け、ようやく明るい兆しが見えてきたニッポンの製造業。しかし、国際競争の激化や消費者ニーズの多様化により、「作れば売れる」時代は過去のものとなった。いかに売れるものを素早く市場投入するかが勝負の現在、PLMという視点から製造業のあるべき姿を考察する。

PLMは“勝ち組”製造業になる切り札か(2):

長い不況を抜け、ようやく明るい兆しが見えてきたニッポンの製造業。しかし、国際競争の激化や消費者ニーズの多様化により、「作れば売れる」時代は過去のものとなった。いかに売れるものを素早く市場投入するかが勝負の現在、PLMという視点から製造業のあるべき姿を考察する。

PLMは“勝ち組”製造業になる切り札か(3):

長い不況を抜け、ようやく明るい兆しが見えてきたニッポンの製造業。しかし、国際競争の激化や消費者ニーズの多様化により、「作れば売れる」時代は過去のものとなった。いかに売れるものを素早く市場投入するかが勝負の現在、PLMという視点から製造業のあるべき姿を考察する。

関連記事

設計・開発 次の一手:

製造業を取り巻く環境は大きく変化しており、“グローバル展開を最適に行う”ということが大きなテーマとなりつつある。その中で生産だけでなく設計・開発においてもグローバル化に最適な体制構築が求められている。“真のグローバル開発体制”を実現するには何が必要か。製造業の設計・開発の現場に携わり続けてきた筆者が解説する。

(2014年6月3日)
PLMニュース:

ダッソー・システムズは年次ユーザーイベント「3DEXPERIENCE FORUM JAPAN 2014」を開催。それに先立ちフランス本社の社長兼CEOのベルナール・シャーレス氏が記者会見を行い、製造業を取り巻く環境の変化と同社の取り組みについて説明した。

(2014年6月2日)
PLMニュース:

シーメンスPLMソフトウェアは年次ユーザーイベント「Siemens PLM Connection Japan 2014」を開催。米国Siemens PLM Software 社長兼CEOのチャック・グラインドスタッフ氏が登壇し、製造業を取り巻く環境の変化と同社の取り組みについて説明した。

(2014年5月29日)
製造IT導入事例:

従来使用してきた専用回線ではなくAkamai Technologies提供のソリューションを利用。2014年5月以降、アメリカ・イギリス・中国といった主要海外拠点にグローバルPDMシステムを順次展開してゆく予定だ。

(2014年5月28日)
PLMニュース:

柔軟性、アジャイル方式の導入アプローチ、グローバルへの拡張性が導入の決め手となった。

(2014年5月1日)
PLMニュース:

PTCとGEの統合ソリューション「Proficy + PTC Windchill」は製品の設計部門と製造現場をクローズループで結び、設計から納入までの期間を短縮する。

(2014年4月17日)
製造IT導入事例:

ロレアルは製品ライフサイクル管理(PLM)ソフト「Teamcenter」を導入することで、パッケージング構成や製品開発に関するアイデアを技術部門間で共有し、仕様の標準化を進めていく。

(2014年3月4日)
FAニュース:

エリア実験室(照明実験室)を備え、画像処理用LED照明の種類は100以上。アメリカ西部、南部、メキシコへの事業展開を強化する。

(2014年2月24日)
製造IT導入事例:

エアバスはシーメンスPLMソフトウェアの「LMS Samtech Caesam」をベースにした共通開発環境を構築。安全域の計算におけるエンジニアリングプロセスを管理・自動化できるようになり、設計サイクル全体にかかる時間・コストを大幅に削減したという。

(2014年2月14日)
製造マネジメントニュース:

東芝は、発電システム事業の主要拠点である京浜事業所内で建設を進めてきたグローバルエンジニアリング・製造センターが完成したことを発表した。

(2014年2月6日)
米ソリッドワークスのプライベートイベントより:

米ソリッドワークスは、プライベートイベント「SolidWorks World 2014」で、クラウドベースの構想設計ツールを発表した。設計者同士、あるいは設計者と顧客が、クラウド上で構想設計のモデルを共有でき、リアルタイムに変更したり新しいモデルを追加したりできる仕組みだ。

(2014年1月28日)
製造IT導入事例:

米VitamixがPTCのツールを導入。工業デザインと設計プロセスの効率化を図る。PTCのツールによって、市場への製品投入期間を30%短縮できると見込んでいる。

(2014年1月24日)
車両デザイン:

ダイハツ工業は、2014年前半に発売予定の軽オープンスポーツカー「コペン」に用いる樹脂外板関連の設計データを、アフターパーツメーカーのみならず一般ユーザーにも提供する方針を明らかにした。

(2014年1月10日)
製造マネジメント インタビュー:

海外展開に早期から取り組んできた日本の製造業にとって「グローバル化」は長年取り組んできた課題である。しかし「今求められているグローバル化は過去のものとは異なる」と、タタコンサルタンシーサービシズでエンジニアリング&インダストリアルサービス事業部門副社長兼グローバルヘッドを務めるレグー・アヤスワミー氏は指摘する。

(2014年1月7日)
PLMニュース:

NECは、PLMクラウドサービス「Obbligato for SaaS」を、タイで発売する。タイ内のデータセンターを使ってサービス提供するという。

(2013年12月26日)
製造IT導入事例:

日立製作所 交通システム社は、鉄道車両のグローバル開発の統合プラットフォームとして「PTC Windchill」をベースとするPLMソリューションを採用したことを発表した。同社は英国都市間高速鉄道計画の鉄道車両を受注し、英国で鉄道車両を生産することを明らかにしている。

(2013年12月12日)
ものづくり支援ソフトウェア製品レポート(9):

多くのシステム活用により効率化が進む製造業の現場だが、あまり効率化が進んでいないのがドキュメントの作成・管理分野だ。そんなドキュメント作成および管理の効率化を実現する仕組みとして「DITA」が注目を集めている。DITAの普及促進を進めるDITAコンソーシアムジャパン理事で事務局長を務める加藤哲義氏に話を聞いた。

(2013年10月22日)
製造ITニュース:

NECは、グローバルSCM体制の強化を掲げており、その第1弾として、スーパーコンピュータなどを扱うITプラットフォーム事業、および家庭用蓄電池などの蓄電システム事業の生産管理システムを刷新。2013年5月から稼働を開始した。

(2013年6月18日)
製造ITニュース :

日産自動車の子会社でトランスミッション大手のジヤトコは、ソフトウェア開発の全社プラットフォームとして、PTCのALMツールである「PTC Integrity」を採用した。

(2013年5月14日)
製造ITニュース:

アプリソ・ジャパンは、製造オペレーション管理ソフト「FlexNet」についてNECとパートナー契約を結び、共同で拡販活動を進める。日本企業の生産のグローバル最適化へのニーズに応えていく。

(2013年6月17日)
ベンダー社長が語る「CAE業界にまつわるエトセトラ」:

日本の「現場合わせ自慢」、スペースX、クラウド、そして「解析専任者は出世できない」件……などなど、CAE業界を巡る話題と、日本製造業が抱える課題について、CAEベンダーのトップが語り合った。

(2012年8月17日)
DMS2012レポート(2):

2012年6月に開催した第23回 設計・製造ソリューション展で見た業界トレンドをレポートする。今回は製造業界のニーズを取り込んだ展示に注目した。

(2012年7月12日)
1日24時間リアルタイムで利用可能:

トヨタ自動車は、社内向けソーシャルネットワーキングサービス(SNS)「TOYOTA Chatter」内に、国内拠点の日本人社員と海外拠点の外国人社員の間でコミュニケーションを活性化させるための英語翻訳サービス「SNS翻訳センター」を設置した。

(2012年7月10日)
PLMニュース:

海外拠点との間で、大規模なCADデータを簡便かつ安全に共有できるサービスが登場した。アクセス制限や暗号化にも対応したデータ共有サービスが低価格で利用できる。

(2012年7月10日)
PLMニュース:

中堅・中小企業の海外進出支援事業の一環として、日立システムズが本格的なPLM製品の提供を開始する。事業規模によらずグローバル設計・開発体制整備のニーズが高まっているという。

(2012年3月1日)
PLMニュース:

新車種投入スパンの短期化を目指す日産が、車両開発にモジュラー設計を採用。バリエーション展開を考慮した共通プラットフォームを軸に、低コストで高品質の車づくりを目指す。

(2012年2月28日)
製造ITニュース:

日本企業のアジア拠点をターゲットに、設計システム提供企業もアジア展開を本格化。主要地域で設計システムについても日本同等のサービスを受けられる体制を整える。

(2012年2月10日)

関連ニュース

MONOist「製造マネジメント」テーマサイト一覧