Sales & Operations Planning(S&OP)

迅速な意思決定とグローバルでの事業計画をスムーズに実現するための方法論を考える。

TopStory

損益を加えた$CMに進化するSCM(2):

「製造現場において損益の“見える化”を実現する価値」について紹介する本連載。前回は組み立て加工業の事例を紹介しましたが、2回目となる今回はプロセス産業の事例を紹介します。

(2014年11月20日)

最新記事

損益を加えた$CMに進化するSCM(2):

「製造現場において損益の“見える化”を実現する価値」について紹介する本連載。前回は組み立て加工業の事例を紹介しましたが、2回目となる今回はプロセス産業の事例を紹介します。

(2014年11月20日)
損益を加えた$CMに進化するSCM(1):

世界の最高峰にあるといわれる日本の製造現場や製造管理。しかし、これらの現場や管理術を持っていても、その中で企業として“もうかっている”製造業は一部に限られます。なぜ、このような状況が発生するのでしょうか。本連載では「$CMに進化するSCM」と題し、製造現場で損益が“見える”ようになる価値を、業種に合わせて紹介します。1回目は組み立て系製造業について解説します。

(2014年10月22日)
製造マネジメント インタビュー:

「生産拠点としての中国」を取り巻く環境が変化する中、台湾系EMS企業を取り巻く環境も変化が進んでいる。その中でいち早くグローバル生産体制を構築し製造業の「グローバル最適地生産」の支援を進めているのが新金宝グループだ。同グループはEMSでありながら、3Dプリンタや植物工場などで独自ブランド製品を展開するなど先進的な取り組みを見せる。同グループCEOの沈軾栄氏に話を聞いた。

(2015年3月26日)
製造ITニュース:

SAPジャパンは、次世代のビジネススイートとして「SAP Business Suite 4 SAP HANA(以下、S/4 HANA)」を発表した。データベース基盤を同社のHANAに限定しデータ構造を変革したことで、リアルタイムの情報をベースにタイムラグを抑えた分析や判断を実現するという。

(2015年2月6日)
製造ITニュース:

アスプローバは、生産スケジューラとサプライチェーンプランナーの新バージョンをリリースした。9つの表示言語がダウンロードサーバからいつでも取得でき、グローバルな言語環境が構築できる。

(2015年1月7日)
製造ITニュース:

PTCは、スマート・コネクティッドの世界において、競争力のある製品開発を支援するソリューションを発表。革新的な製品の設計、収益性の高いプロダクトラインの開発、製品機能・品質要件の対応確認など、製品開発領域全体をカバーできる。

(2015年1月6日)

基本を知る

「ビジネスS&OP」とは何か(3):

「利益ベースのサプライチェーン運営」と「収益最適となる需給バランス計画」をキーとするビジネスS&OP。実際に適用すると何が変わるのか。今回は食品系の製造業を中心にグローバル事例を4つ紹介する。

(2013年2月25日)
「ビジネスS&OP」とは何か(2):

結局、“Excel職人”に任せきり? 資料を出しても判断は経験と勘? 収益を生むモノの作り方、コントロールの仕方にステップアップするにはどう考えるべき?

(2012年10月18日)
「ビジネスS&OP」とは何か(1):

需給はやみくもな在庫削減や稼働率に引きずられるべきでなく、事業全体の利益を基に考えなくてはならない。本稿では近年欧米や新興国系の企業で採用されている管理手法を見ていく。

(2012年8月20日)
経営と基幹業務の現場をつなぐS&OP:

バリューチェーンの中で「日本はずし」が現実のものになる!? 製・販・在の迅速かつ正確な調整を実現するS&OPの考え方をつかんで対策を。

(2009年10月19日)

身近な課題から考える

S&OPプロセス導入 現場の本音とヒント(1):

生産計画グループのSさんは、月に1度のエンドレス会議で心の芯がいまにも折れそう。利害の衝突、声の大きさ……、理不尽な会議を解消するために必要なこととは?

(2012年2月28日)
S&OPプロセス導入 現場の本音とヒント(2):

営業事業統括本部長のO氏は、四半期ごとのムダな会議に苦悩中。若手からもこんな数字なんて、といわれる始末。どうしてこうなった?

(2012年3月2日)
S&OPプロセス導入 現場の本音とヒント(3):

「製販調整と事業計画が連携する仕組みを作れていないのは君の会社だけではなく、多くの日本の企業が抱える問題」という同窓のP君。少し先を行くP君の理解するS&OPプロセスとはどんなもの?

(2012年3月14日)
S&OPプロセス導入 現場の本音とヒント(4):

「売る予定がない製品の在庫計画指示書がきっかけデシタ……」。組織、会議、仕組みを変えて復活したPさんの会社はこんなに革新的な業務プロセスを動かしていた! 危機から復活した要因は「普通の活動」ができたことにあったようだ。

(2012年4月5日)
S&OPプロセス導入 現場の本音とヒント(5):

部門間のコミュニケーション不全、無意味な会議体に悩まされてきた2人。皆さんにも思い当たるところがあるのでは? 本格的な業務プロセス変革の前に、今回はストーリーを整理しておこう。

(2012年4月19日)

周辺領域との関係を知る

リサーチペーパーでひも解くS&OP(1):

「せっかく戦略を立てたのに一向に実現しないじゃないか!?」という悩みは多くの企業が抱えている問題。それは戦術に失敗しているからなのです。

(2012年5月15日)
リサーチペーパーでひも解くS&OP(2):

モノの管理とお金の管理をつなぐS&OPプロセスと、脱予算経営ってどうつながるの? 脱予算経営との関連性からひも解いていきます。

(2012年5月24日)
リサーチペーパーでひも解くS&OP(3):

売り上げ見込み、供給能力の把握……、タイムリーな情報が必要なのは現場や経営者だけではありません。都度の経営環境を左右する「情報開示」で右往左往しないために打つべき手は?

(2012年6月12日)
リサーチペーパーでひも解くS&OP(4):

プロセスややるべき組織変更は分かってきた。だけれど、それを実行するために必要なことってどんなものだろう? IT技術について考えてみる。

(2012年7月17日)

より詳しく知るには

セールス&オペレーションズ・プランニングの方法論(1):

現場の「情報」と経営の「数字」を結ぶシンプルな体制とは? 組織全体でPDCAサイクルを月次に回し、迅速に判断するために必要なプロセスとは?

(2009年11月30日)
セールス&オペレーションズ・プランニングの方法論(2):

実態とかい離しがちな業績予想をいかに正確なものにするか。S&OPプロセスを使って、どのようにしてさまざまな経営課題を解決していくかについて見ていく。

(2010年1月15日)
セールス&オペレーションズ・プランニングの方法論(3):

本稿では、日本企業の経営者が直面している重要な経営課題の1つとして、激変する需要変動とグローバル化への対応を取り上げ、S&OPプロセスがこれらの課題をどのように支援するのかについて見ていくことにします。

(2010年2月15日)
セールス&オペレーションズ・プランニングの方法論(4):

本連載では、日本企業の経営者が直面している重要な経営課題を取り上げていますが、今回は経営を支援するIT(情報技術)面の課題として、巨額のERPシステム投資を経営に生かす方法を取り上げて、S&OPプロセスがどのような役割を果たすのかについて筆者の意見をご紹介します。

(2010年3月24日)
セールス&オペレーションズ・プランニングの方法論(5):

本稿では、日本企業の経営者が直面している重要な経営課題として、在庫をめぐるバリューチェーン内の不協和音と、団塊の世代の退職やグローバル化による組織学習の問題を取り上げ、S&OPプロセスを使ってどのように解決するかについてご紹介します。

(2010年5月17日)
セールス&オペレーションズ・プランニングの方法論(6):

本連載では、第1回でS&OPプロセスの概要をご紹介し、第2回以降4回にわたって、経営者が直面する重要な経営課題を取り上げ、その有効なソリューションとしてのS&OPについて紹介してきました。本稿では、本連載のまとめと、日本企業へのS&OPの普及に向けたヒントを考えてみることにしましょう。

(2010年8月18日)

関連記事

損益を加えた$CMに進化するSCM(2):

「製造現場において損益の“見える化”を実現する価値」について紹介する本連載。前回は組み立て加工業の事例を紹介しましたが、2回目となる今回はプロセス産業の事例を紹介します。

(2014年11月20日)
損益を加えた$CMに進化するSCM(1):

世界の最高峰にあるといわれる日本の製造現場や製造管理。しかし、これらの現場や管理術を持っていても、その中で企業として“もうかっている”製造業は一部に限られます。なぜ、このような状況が発生するのでしょうか。本連載では「$CMに進化するSCM」と題し、製造現場で損益が“見える”ようになる価値を、業種に合わせて紹介します。1回目は組み立て系製造業について解説します。

(2014年10月22日)
製造ITニュース:

日本オラクルは同社が展開する予算管理ソリューション「Oracle Hyperion Planning」のクラウド型サービス「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」を発表した。従来は大企業の導入が大半だったが、クラウド化の効果により、中堅製造業などでも、複雑な経営情報を可視化し迅速な経営判断を下せる効果を享受できるという。

(2014年8月25日)
製造ITニュース:

インフォアジャパンは事業戦略説明会を開催。「今後3年間で売上高を2倍」としていた目標に対し、順調に推移していることを示した他、「クラウド事業の拡大」「包括的パートナーエコシステムの構築」「マイクロバーティカル戦略」の3つの戦略を推進していく方針を示した。

(2014年4月25日)
製造マネジメントインタビュー:

日本の製造業の海外展開の歴史は古く、SCMの導入も進んでいる。しかし、今さらにSCMの一段の強化が求められるようになっている。なぜサプライチェーンを今さらに強める必要があるのか。カナダ Kinaxisのバイスプレジデント トレバー・マイルズ氏と、プロダクトマネジャーのアンドリュー・ベル氏に話を聞いた。

(2014年1月6日)
見えるぞ! 私にも収益性が見えるッ!:

スティールウェッジはS&OPの認知度向上と、自社のクラウドソリューションの普及に向けS&OP(グローバル製販超同期化)セミナーを開催した。

(2013年10月21日)
製造IT導入事例:

欧州日産自動車会社は、スティールウェッジのクラウドベースのS&OPソリューションを採用し、計画立案の改善を進める方針だ。

(2013年11月15日)
製造ITニュース:

SAPは、需給業務計画策定および調整を支援するクラウドアプリケ―ション「SAP Sales and Operations Planning powered by SAP HANA」を発売した。

(2013年8月7日)

SAP ジャパンは経営管理アプリケーション「SAP Planning and Consolidation」の新製品を提供開始した。

(2012年5月29日)
製造ITニュース:

富士通のGLOVIAシリーズにグローバルでの需給調整プロセスを支援するパッケージが登場。既存基幹システムを変更せずに導入できる点が特徴だ。

(2012年2月22日)
迅速な複数シナリオ策定で人間系の判断を支援:

業績を左右するのは実績系ではなく計画系。シナリオ策定のスピードと判断材料の多さを強みとするKinaxis Corp.の考える製造業のあるべき姿とは?

(2011年11月21日)
DMS2011 開催直前情報!! :

2011年6月22〜24日に開催される「第22回 設計・製造ソリューション展」。出展社の1つ、日立東日本ソリューションズでは、導入企業の生の声を聞けるセミナーが予定されている。同社ブースの展示製品を予習しておこう。

(2011年6月15日)
先取り突撃! DMS2010:

2010年6月23〜25日の3日間、東京ビッグサイトで「第21回 設計・製造ソリューション展」が開催される。開催に先立ち、@IT MONOist編集部では、出展を予定している日立東日本ソリューションズに展示の見どころを聞いた。

(2010年6月11日)
リスク対応で見る企業の“明暗”(2):

平時在庫のミニマム化とリスク管理は両立可能か? 相反する課題を同時に解決するには高度な情報化が必須だ。筆者の提唱するリスク管理のメソトロジーを紹介する。

(2011年4月14日)
リスク対応で見る企業の“明暗”(1):

東日本大震災から1カ月。災害後の復旧状況は各社各様ですが、この差はどこから生まれてきたのでしょうか。予期せぬサプライチェーン分断に、どう立ち向かうべきかを前例を交えて考えていきます。

(2011年4月11日)
サプライチェーン管理の新潮流:

従来型サプライチェーンマネジメントがいまひとつ効果を体感できなかった理由はどこにあるか。コンサルタントの視点から、その課題と打開策を聞く。

(2010年2月25日)
SCM製品紹介

年次や四半期ベースで見直しを行う事業計画に対し、現場の製販計画は週次・日次という短いサイクルで修正が行われる。この差を縮める需要管理システム「Oracle Demantra」を紹介する。

(2009年8月18日)
在庫管理ソフトウェアの導入だけでは不十分

製造業の在庫管理における最も一般的な課題として、アナリスト、ベンダー、ユーザーが共通して挙げた5つの課題とその対処法を紹介する。

(2009年12月22日)
製造業ならではのBI導入ノウハウ

製造業向けBIツールには、オーソドックスなものに加え、製造現場のリアルタイムデータを分析できるものなど多様な製品がある。それらの中から最適なものを選択するために考慮すべきポイントを紹介する。

(2009年7月15日)

MONOist「製造マネジメント」テーマサイト一覧