VR/AR市場の拡大が本格化する中、先進的な取り組みを進める製造業と、さまざまな場面で今後の活用が見込める建設業を対象に、企画・設計、生産・施工、アフターマーケットのキーワードから最新動向を探っていく。

TOP STORY

/mn/articles/1812/28/240_news019.jpg

2018年11月9日に開催された「SOLIDWORKS WORLD JAPAN 2018(以下、SWWJ2018)」に参加しました。今回のテーマとして「Simulation(シミュレーション)」が押し出されていた印象です。Simulationというと「CAE(Computer Aided Engineering)」のことを開発設計工程では示しますが、今回与えられたSimulationの定義は、「現物ができる前に何ができるのか」ということで、その活用範囲を広く感じました。

解説・特集記事一覧

Sponsor