連載
» 2007年01月10日 00時00分 公開

Windows XP Embedded開発入門(2):速報! Feature Pack 2007の新機能 (2/3)

[奥村正明/監修:杉本拓也(富士通ソフトウェアテクノロジーズ),@IT MONOist]

File Based Write Filter

 FP2007における最大の追加機能がFile Based Write Filter(以下FBWF)です。FBWFは、ファイル単位での書き込み保護(非保護)機能を提供します。USB 2.0 Bootと同じくコンポーネントとして提供されており、Target DesignerでOSランタイムイメージに追加して設定を行うことで、簡単にファイル単位での書き込み保護機能を利用できます。

 FBWFの仕組みを図1に示します。

FBWFの仕組み 図1 FBWFの仕組み

 前回説明したEnhanced Write Filter(EWF)は、パーティション単位の保護機能を提供するものです。FBWFは、より柔軟なデバイス開発を実現します。例えば、

  • システムは完全に保護
  • アプリケーションによるログファイル出力
  • iniファイルへの設定保存

を実現したいという場合を考えてみましょう。XP Embedded SP2までは、書き込み可能なファイルを確保するために、別のパーティションを作成する必要がありました。FBWFを採用すれば、シングルパーティションでも上記の仕様を実現できます。

 異なるパーティション上であれば、EWFとFBWFの共存も可能です。両者を利用すれば、以下のようなシステム構成も実現できます。

Cドライブ EWF RAM Modeによる完全な保護
Dドライブ アプリケーション設定ファイルMyApp.iniとアプリケーションログファイルMyApp.logは書き込みを許可。暗号化されたデータファイルMyApp.datは書き込み禁止

 画面1は、FBWFコンポーネントの詳細設定画面です。

FBWFコンポーネントの詳細設定画面 画面1 FBWFコンポーネントの詳細設定画面

 設定画面の各項目の意味は、以下のとおりです。

File Based Write Filter Configuration
Enable FBWF OSランタイムイメージ起動時にFBWFを有効化する
Cache Type キャッシュのタイプ。「Pre-Allocated」「Dynamic」「Dynamic Compressed」から選択
Maximum Cache Size in MB キャッシュのサイズ
Disable page-file support ページファイル利用を無効化する
Disable System Restore システムリストアを無効化する
Disable Background Disk Defragmentation バックグラウンドでのデフラグを無効化する
Disable Low Disk Warning Notification ディスク容量の警告ダイアログを非表示にする
Number of Protected Volumes 保護するボリューム数

Protected Volume # 1
Volume e.g. C: 保護するドライブ名
Write-Through Files and Folders ライトスルーさせるフォルダ/ファイルのパス設定

 以上のように、FBWFにはさまざまな設定が可能です。例えば、「C:\MyApp.ini」にのみ書き込みを許可するシステムを構築する場合は、[Volume e.g. C:]に「C:」、[Write-Through Files and Folders]に「\MyApp.ini」と指定します。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.