連載
» 2007年06月06日 00時00分 公開

H8で学ぶマイコン開発入門(9):モータ制御に欠かせない技術“PWM”って何? (3/3)

[宮崎 雅史 ソフィアシステムズ,@IT MONOist]
前のページへ 1|2|3       

ITUをPWMモードにするためのフローと動作例

 それでは最後に、H8/3048F-ONEのITUをPWMモードにするフローと動作例を図4、5に示します。


TUのPWMモード設定フロー 図4 TUのPWMモード設定フロー

PWMモードの動作例 図5 PWMモードの動作例

 GRAでカウントクリアするかGRBでカウントクリアするかは、TCRのCCLR0、1を使って設定します。カウンタクリアしない設定にしていた場合、TCNTが0xffffまでカウントされた後0x0000に戻り、再度GRAかGRBにマッチしたときに信号状態が変わるという動作になります。



 ここまででH8/3048F-ONEでPWM制御を行うための下準備ができました。次回は今回の説明を基にして、実際にモータを制御するプログラムの解説を中心に進めていきます。(次回に続く)


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.