ニュース
» 2007年08月08日 00時00分 公開

内閣府「機械受注統計調査報告」平成19年6月発表:製造業、6月の機械受注額はマイナス11.4%に

民間設備投資の先行指標といわれる機械受注額6月の値は、製造業が4,419億円で前月比11.4%減、前年同月比では23.6%減だった

[上島康夫,@IT MONOist]

 内閣府(経済社会総合研究所)が2007年8月8日に発表した「機械受注統計調査報告 平成19年6月実績および平成19年7〜9月見通し」によると、国内の設備投資動向を示す機械受注総額(季節調整値)の6月は、前月比6.5%減の2兆6,066億円だった。同4月の16.0%増から同5月の5.8%増へと縮小した流れを引き継ぎ、6月はマイナスとなった。

 民間設備投資の先行指標といわれる「船舶・電力を除く民需」では、5月は前月比5.9%増だったが、6月は一転して同10.4%減の9,602億円に落ち込んだ。このうち製造業は同11.4%減の4,419億円、前年同月比では23.6%の減少となった。

 製造業の業種別で見ると、大きく受注を伸ばしたのは「精密機械」の41.9%増、「鉄鋼業」の34.5%増だった。減少幅の大きかったのは、「その他輸送機械工業」の57.5%減、「窯業・土石」の38.4%減、「化学工業」の33.8%減と続く。「自動車工業」は8.3%減とわずかな落ち込みに抑えた。

 7〜9月期の見通しでは、受注総額が2.4%減に対して製造業は3.7%増と強気の見通しをしている。

関連リンク

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.