ニュース
» 2007年08月22日 00時00分 公開

「ACROVA GMM」作図機能を中心に改善日立の2次元CADの新製品発表

[小林由美,@IT MONOist]

 日立製作所は2007年8月22日、エンジニアリングトータルソリューション「ACROVA GMM」(アクロヴァ ジーエムエム)の2次元CADソフトウェア製品の「ACROVA GMM Mechanical Design 2008」(2次元機械設計)、「ACROVA GMM Drawing&Design 2008」(2次元汎用設計)、「DRAWMAN 2008」(2次元製図)を発表した。発売開始は9月20日から。

 従来のACROVA GMMの2次元CADは、コマンド入力がタブレット(コマンド入力用のハードキーボード)だったが、今回のバージョンより画面上のGUIによる入力(ソフトウェアタブレット)も可能となった(DRAWMAN 2008をのぞく)。ソフトタブレットは、ショートカットキー入力により表示し、コマンドを選択した瞬間に非表示になる。またツールバーを集約する機能を追加することで、作図作業領域を狭めないよう配慮している。より広い作図作業領域を確保するために、マルチディスプレイ(複数のディスプレイを並べて接続すること)、高解像度(2560×1600、WQXGA)ディスプレイにも対応している。

 また今回から、線を描く際に角度や座標をロックできるようにしたことで、従来のように補助線に頼らなくても作図しやすくなったという。

 AutoCADの最新フォーマット形式(DWG 2007/2008)と、レイアウト機能(紙上を想定したレイアウト空間)に今回から対応した(DWG:SXF版はインポートのみ対応、従来どおり)。ほか従来どおり対応フォーマットは、JWC、JWW、P21、SFC。

 ACROVA GMMのユーザーの多くは中小企業だという。オーディオなどのコンシューマ機器の分野では3次元CADがいまの主流となってきているが、産業機械分野における中小企業では、2次元CADを使用しているケースも少なくない。

販売価格

  • ACROVA GMM Mechanical Design 2008:102万9000円
  • ACROVA GMM Drawing&Design 2008:94万5000円
  • DRAWMAN 2008:20万7900円

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.