ニュース
» 2009年04月06日 00時00分 公開

マルチスケール解析が非線形にも対応サイバネットシステム、「Multiscale.Sim」最新版

[ITmedia]

 サイバネットシステムは2009年4月6日、マルチスケールCAEツールの新製品「Multiscale.Sim(マルチスケールドットシム) 2.0」を販売開始した。

 「Multiscale.Sim」とは、材料構造についてミクロスケールとマクロスケールを連携して解析できるCAEで、同社のマルチフィジックスCAE「ANSYS」をべースにしている。サイバネットシステムと日東紡績、くいんとの3社で共同開発した「均質化法」を利用しており、この手法によって材料内部のミクロスケールの応力やひずみの分布解析を可能とし、複合材料や金属化合物などの解析に利用できるという。

 Multiscale.Sim 2.0では新たに、弾塑性やクリープ、超弾性材料などを考慮できる非線形解析を可能とした。

 また同製品では電流・電場・磁場解析(線形解析)の機能も強化した。なお以下の3つの等価物性値が考慮できる。

  • 電流解析:電気抵抗率
  • 電場解析:比誘電率
  • 磁場解析:比透磁率

 ただし上記の操作環境は「ANSYS Classic」のみとしている。

 今後のバージョンでは、数値材料試験、均質化、局所化についての非線形解析関連の機能を追加する予定だという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.