特集
» 2009年12月08日 00時00分 公開

ET2009 Windows Embeddedレポート:リッチなユーザー体験をもたらすCE 6.0 R3の新機能 (2/3)

[八木沢篤,@IT MONOist]

Internet Explorer Embedded

 昨今、小さな画面を持ったデバイスでもフルブラウザ対応の要求があるという。そこで必要となるのが、指を使ったスクロール操作やパン/ズームなどの機能だ。

 これまでのCEの標準ブラウザでは、こうした機能に対応していなかったが、今回のCE 6.0 R3からパン/ズームをサポートする「タイルエンジン」が搭載された。「さらに、パン/ズームをスムーズに行わせるために、Internet Explorer自体を最適化し、さらに、H/Wアクセラレーションにも対応させた」と永田氏。

 なお、Internet Explorer Embeddedを有効にするには、OS構築時に関連する各種コンポーネントを追加する必要がある。ただし、各コンポーネントの組み合わせには制限があるので注意が必要だ。

Internet Explorer EmbeddedのOS設計 画像12 Internet Explorer EmbeddedのOS設計

タイルエンジン

 HTMLページを複数の“タイル”に分割し、ユーザー操作とHTMLレンダリングを切り離すことにより、パン/ズームをサポート。ユーザーがWebページを左にパンすると表示部分が右に動き、いままで隠れていたタイルが新たにレンダーされて見えるようになる。なお、スクリーン外へ移動したタイルは破棄または再利用される。さらに、HTMLページをズームアウトした際は、タイルがスケーリングし、古いタイルは破棄され、新しいタイルが作られる。そして、新しい解像度に合わせてレンダリングされる。

タイルエンジン(その1) 画像13 タイルエンジン(その1)
タイルエンジン(その2) 画像14 タイルエンジン(その2)

XAML UIサンプルブラウザー

 CE 6.0 R3には、タイリングエンジンを使った「XAML UIサンプルブラウザー」が用意されている。「ソースコードが公開されているので、タイリングやUI(XAML)を変更したりと、自由にカスタマイズして利用できる」(永田氏)。

XAML UIサンプルブラウザー 画像15 XAML UIサンプルブラウザー

 Internet Explorer Embeddedのアーキテクチャは、以下のとおりだ。

Internet Explorer Embedded アーキテクチャ 画像16 Internet Explorer Embedded アーキテクチャ

 「MSHTMLエンジン、タイリングエンジン、Silverlight for Windows Embedded以外の部分はカスタマイズ可能な領域だ」(永田氏)。

Adobe Flash Lite 3.1.0

 さらに、ブラウザのプラグインとして、Adobe Flash Player 8(一部、Flash Player 9にも対応)とActionScript 2.0に対応したAdobe Flash Lite 3.1.0をサポート。「Adobe社のパートナーが開発したもので、サブライセンスという形でCE 6.0 R3のブラウザ上で利用できるようにした」(永田氏)。

Flash Lite 3.1.0コントロール 画像17 Flash Lite 3.1.0コントロール

 ただし、Flashのコントローラは、Internet Explorer Embeddedブラウザのインラインにアイコンで表示される。ユーザーがアイコンをクリックすると、新しいトライデントWindowがポップアップし、Flashアニメーションが再生される。

Flash Liteの統合 画像18 Flash Liteの統合

 ここで紹介し切れなかった機能や、よりテクニカルな話は、間もなく掲載される連載「ココが変わったWindows Embedded CE 6.0 R3」をご覧いただきたい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.