連載
» 2010年01月25日 00時00分 公開

ココが変わったWindows Embedded CE 6.0 R3(2):Silverlight for Windows Embeddedの実装方法 (3/3)

[松井俊訓(富士通ソフトウェアテクノロジーズ),@IT MONOist]
前のページへ 1|2|3       

4.OSランタイムへのリソースの追加

 今回のアプリケーションに必要なファイルは以下のとおりです。

  • XAMLTest.exe
  • Page.xaml
  • logo.png

 これらがOSイメージの「windows」フォルダに格納されるように「BIBファイル」に指定します。


MODULES
;  Name            Path                                         Memory Type
;  --------------  --------------------------------------------------------
   XAMLTest.exe    $(_FLATRELEASEDIR)\XAMLTest.exe              NK     S
 
FILES
;  Name            Path                                         Memory Type
;  --------------  --------------------------------------------------------
   Page.xaml       <開発環境のフルパス>\Page.xaml               NK
   logo.png        <開発環境のフルパス>\logo.png                NK 
「XAMLTest.bib」の指定

 今回のアプリケーションでは、EXEファイルの外部にXAMLファイルやイメージファイルを配置していますが、EXEファイル内部にリソースの形で含めることも可能です。

※注:このとき、BIBで格納するファイルのパスが、XAML内で指定されているパスと一致しなければなりません。


5.ターゲットOS環境で実行

 最後に、作成したアプリケーションを実行します。

 Windows CE上のエクスプローラ、またはコマンドプロンプトから「windows」フォルダ内にある「XAMLTest.exe」を起動して動作を確認します。[Start]ボタンをクリックすると、Blend2で作成したアニメーションが開始されるはずです。いかがでしょうか?

アプリケーションの実行(エミュレータ上で実行した結果) 画像14 アプリケーションの実行(エミュレータ上で実行した結果)

 ターゲット環境によってはアニメーションがコマ落ちすることがあるかと思います。リッチなUIの代償として、描画負荷はそれなりですのでターゲットに合わせた最適化が必要です。



 さて次回は、このSilverlight for Windows Embeddedアプリケーションのパフォーマンスについて、解析方法や最適化のポイントを紹介したいと思います。お楽しみに!(次回に続く)

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.