ニュース
» 2010年06月16日 00時00分 公開

製造ITニュース:三菱電機、FA機器のエネルギー監視でSAPと共同開発へ

SAPと三菱電機が組んで消費エネルギーの監視を可能にする製品開発を進める。SAP MIIとFA機器の接続で企業のエネルギー利用効率化が期待できる。

[原田美穂,MONOist]

 三菱電機とSAPは2010年6月16日、製造業の省エネルギー化を推進する新ソリューションを共同で開発すると発表した。三菱電機が提供するFA機器のエネルギー監視情報をSAPのERP製品群と連携するソリューションを両社で開発していくという。

 三菱電機ではすでに生産設備の稼働状況と使用電力情報を収集する「e&eco-F@ctory」ソリューションを提供しているが、今回あらたに、SAPが提供する「SAP MII(SAP Manufacturing Integration and Intelligence)」を経由してMESとERPを連携させる仕組みを開発する。これが実現すると、ERP側とリアルタイムで情報共有が可能となるため、人間系の入出力を介さずに、工場全体、企業全体のエネルギー監視を効率よく行うことができる。製造ラインの稼働状況とともにエネルギー情報も同一のプラットフォーム上で管理できるようになる。また、企業のCO2排出量報告に役立つほか、電力消費量を考慮したライン工程管理なども可能になる。

 なお、両社共同で配信されたプレスリリースによると、今後共同開発するサービスはクラウド経由での提供を視野に入れたものとなる見込みだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.