特集
» 2012年04月19日 08時00分 公開

CeBIT 2012 特別リポート:フォルクスワーゲン驚異のメカニズム、本社工場の秘密に迫る (2/3)

[佐々木千之,@IT MONOist]

ボディ工場

 ボディやシャシー(プラットフォーム部)の組み立ては、手作業中心で行っていた1980年頃まではかなり過酷な職場だった。その後産業用ロボットの導入による自動化で職場環境は大幅に改善されたという。なお、産業用ロボットを導入する際に人員を削減しなかったため、労働組合からの反発などはないという。


シャシーの組み立て工程ロボットによるスポット溶接 左の写真は、シャシーの組み立て工程である。右の写真は、ボディの組み立て工程の1つで、ロボットでスポット溶接を行っている。
工員が手作業で行う工程ロボットによるスポット溶接 左の写真は、ボディの組み立て工程の1つで、工員が手作業で行う工程である。右の写真は、ボディ側面部品のレーザー溶接工程。ロボットで自動化されており、部品の一方の面を処理が終わると、部品を180度回転させて反対側を処理する。

塗装工場

 塗装工程はほとんどロボットにより自動化されている。1日当たり3000台の塗装を行えるという。塗装の前にボディにドア部品を取り付けてから、洗浄→化学コーティング→焼き付け→カラー塗装→クリア塗装の順に進んでいく。

 ボディとドアを別々に塗装すると、最終的に組み上げた後に強い光の下などで見ると色が違って見えるという。なお、ドア部品は、組み立てラインに移る前にいったん取り外される。ボディ内部にダッシュボードなどのインテリア部品を装着してから、再度組み付けられる。

ボディ全体を処理液を満たしたプールに沈める焼き付け処理 左の写真では、洗浄後、化学コーティングを行うために、ボディ全体を処理液で満たしたプールの中に沈めている。右の写真は、化学コーティングを終えて、180℃の温度環境で焼き付け処理を施している様子である。
カラー塗装工程クリア塗装後の検査 左の写真は、カラー塗装工程である。ロボットにより自動化されている。この工程では、1台当たり6〜7リットルの塗料を使用する。右の写真は、クリア塗装後の検査の様子。工員が目視で行っている。この工程に限らず、人間がロボットよりもうまくこなせる作業はまだ多くあるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.