連載
» 2012年07月09日 09時30分 公開

マイクロマウスで始める組み込み開発入門(3):光れ、LED!! それがマイクロマウスの第一歩 (3/4)

[三月兎,@IT MONOist]

 素でボケたのを必死でごまかそうとするえみちゃんをスルーして、北上くんは、いそいそと開発用PCの準備を始めました。北上くんだって、早くPi:Co Classicを動かしたいんです。

 さて、Pi:Co Classicの開発には、ルネサス エレクトロニクスの統合開発環境「HEW(High-performance Embedded Workshop)」と、「フラッシュ開発ツールキットFDT:Flash Development Toolkit)」が必要になります。HEWとFDT、そしてサンプルプログラムやデータシートは、Pi:Co Classic購入後にメーカーからダウンロード先の連絡がきます。各自、指定されたURLからダウンロードしてください。

 開発に使用するツール自体の説明は割愛することにし、今回はダウンロードしたファイルをインストールして、開発環境を構築し、サンプルプログラムを実行してみます。

HEWのインストール

 ダウンロードしてきたファイルを解凍し、「Software_Driver」ディレクトリに入っている「shv9400_ev.exe」を実行します。インストールマネジャーの指示に従って、“標準インストール”をすればOKです。

 「インストール製品の選択」ダイアログでは、「SuperHファミリ用 C/C++コンパイラパッケージV.9.04 Release00」を選択します(画像9)。

HEWのインストール 画像9 ルネサス エレクトロニクスの統合開発環境「HEW」のインストール

FDTのインストール

 続いて、FDTをインストールします。こちらも先ほどと同じディレクトリにインストーラーが入っています。「fdtv407r00.exe」を実行し、インストールします。最初に英文で「無償評価版のため、FDT自体のサポートを受けられない」とメッセージが表示されます。[OK]ボタンをクリックし、インストールを開始します。

 使用する言語で「Asia(Japanese)」を選択し、後は画面の指示に従って、[Next]ボタンをクリックしていけばインストールが完了します(画像10)。

FDTのインストール 画像10 FDTのインストール。言語指定以外はデフォルトのままでOK

シリアルポート(COM)の確認

 USBケーブルでPi:Co ClassicとPCを接続し、ドライバをインストールします。ドライバがインストールされたら、シリアルポートを確認します。

 Windows PCの[コントロールパネル]−[ハードウェアとサウンド]を開き、デバイスとプリンタ欄にある[デバイスマネジャー]を開きます。「ポート(COMとLPT)」の中に「USB Serial Port(COMx)」があるので、ポート番号を控えます。画像11の例では、「COM4」になります。

 FDTは、ポート1〜8までしかサポートしていないため、COM9以降が割り振られている場合は、COMxをダブルクリックし、「プロパティ」ダイアログを開き、[ポートの設定]タブの[詳細設定]ボタンでCOMポート番号を変更します。

ポート番号を確認 画像11 マイコンにプログラムを書き込む際に必要なので、ポート番号を確認しておく。COM9以上の場合は、手動でCOMを変更する

サンプルプログラムを実行し、LEDを光らせよう!

北上

よしっ。

これで開発環境はバッチリだ。


えみ

センパーイ! 早く動かしましょうよ〜(ワクワク)。


北上

うん。

まずは、サンプルプログラムでLEDを光らせて、基板がちゃんとできているかを確認しよう。


えみ

ハイッ!(ドキドキ)



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.