ニュース
» 2012年10月03日 07時00分 公開

赤外線で手の動きを検知、パイオニアがジェスチャー操作可能な「楽ナビ」を発売CEATEC 2012(2/2 ページ)

[朴尚洙,MONOist]
前のページへ 1|2       

「Air-navi」は終息へ

 会見には、パイオニアの上席執行役員でカーエレクトロニクス事業統括部長を務める黒崎正謙氏が登壇した。黒崎氏は、今回の楽ナビの発表に合わせて、同社の市販カーナビの製品ラインアップを再編成する方針を示した。

 従来は、ハイエンドモデルの「CYBER NAVI」、普及モデルでハードディスクを搭載する「楽ナビ」とフラッシュメモリを搭載する「楽ナビLite」、そしてPND(Personal Navigation Device)である「Air-navi」を展開していた。

左の写真はパイオニアの黒崎正謙氏。右の図は、同社市販カーナビの再編成の方針である。(クリックで拡大)

 今後は、ハードディスクを搭載するハイエンドモデルのCYBER NAVI、フラッシュメモリを搭載する普及モデルの楽ナビという2つのブランドに集約する。Air-naviは、今回の楽ナビに合わせて「AVIC-MP55」という新製品を発表しているものの、順次終息させる方針である。

 ただし、「PND市場向けには、楽ナビのポータブルタイプの製品を展開していく。国内のPND市場は、スマートフォン市場の急拡大によって2年連続で右肩下がりではあるものの、車両組み込み型のカーナビと共存する余地はあると考えている」(同社)という。

 実際に、今回発表した楽ナビのポータブルタイプでは、地上デジタルテレビ放送用に、受信環境が悪い車室内でも安定してテレビ放送波を受信できる、4チューナ×4アンテナを搭載している。同社は、ポータブルタイプのカーナビに4チューナ×4アンテナを搭載するのは初の事例だとしている。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.