特集
» 2012年11月14日 07時00分 公開

速度差60kmでも衝突回避可能なトヨタの新型プリクラッシュ、価格は10万円台に安全システム(2/2 ページ)

[朴尚洙,MONOist]
前のページへ 1|2       

競合他社の2倍の速度差に対応

 今回発表したプリクラッシュは、このミリ波レーダーだけを用いるプリクラッシュの機能をさらに強化したものだ。価格は、14万7000円で据え置くか、ミリ波レーダーのコスト削減が進んでいることを含めて、戦略的に10万円前後まで値下げする可能性もある。

 改良点は2つある。1つは、先行車両との衝突可能性が高まっている状態で、プリクラッシュによる警報にドライバーが気付いてブレーキペダルを踏んだときのブレーキの制動力を補助する「ブレーキアシスト」の性能を高めたことだ。先行車両が時速20km、新開発のプリクラッシュを搭載した自車両が時速80kmで走行している状態、すなわち速度差が時速60kmからでも、衝突する前に先行車両と同じ時速20kmまで減速できるという。

 もう1つは、従来は衝突が不可避な状態になってから自動ブレーキで減速して衝突被害の軽減を図っていたところを、衝突が不可避な状態になる前から予備的に自動ブレーキを働かせておくようになったことである。先行車両が時速20km、新開発のプリクラッシュを搭載した自車両が時速50kmで走行している状態から、自動ブレーキによって減速し、衝突を回避できる。ただし、自動ブレーキによって衝突を回避できる速度差は、自車両の速度など状況によって異なるため、時速15〜30km以内としている。

トヨタ自動車のミリ波レーダーだけを用いるプリクラッシュの動作イメージ トヨタ自動車のミリ波レーダーだけを用いるプリクラッシュの動作イメージ。上の図は新開発のもので、下の図は現行のものである。(クリックで拡大) 出典:トヨタ自動車

 先述した各社のプリクラッシュとの最大の違いは、1つ目の改良点である、速度差が時速60kmからでも衝突を回避できる機能だ。競合他社のプリクラッシュは、2つ目の改良点と同様に、先行車両との速度差が時速30km以内であれば、自動ブレーキによって衝突を回避できることを特徴としている。しかし、それ以上の速度差については、自動ブレーキによって衝突被害を軽減できるとしか言及していない。

 トヨタ自動車によれば、「追突事故の90%以上は、先行車両との速度差が時速60km以内のときにで起きている」という。新開発のプリクラッシュであれば、ドライバーがプリクラッシュの警報ブザーやディスプレイ表示に気付いてブレーキを踏み込むという条件付きではあるものの、速度差が時速60kmまでの衝突事故を回避できるわけだ。

 同社は、近々発売する新型車から、新開発のプリクラッシュを順次展開する方針である。2012年12月末の発売が予想されている新型クラウンに搭載される見込みだ。

関連キーワード

ミリ波 | トヨタ自動車 | 安全 | 事故


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.