連載
» 2012年11月29日 10時30分 公開

小寺信良が見たモノづくりの現場(2):グローバル企業として生き残るには――ボッシュ栃木工場に見るニッポンクオリティ (2/5)

[小寺信良,MONOist]

等身大の教育

 栃木工場の運営方針は、『納入クレーム/工程廃却"ゼロ"』だという。もっとも、このような目標スローガンは、表現は変われど、どの職場でも見られるものである。だが栃木工場では、現実にこれを達成しつつある。

 この工場の出荷数量は、月産でABS/ESCユニットが18万3000台、ホイールスピードセンサー64万8000本、吸気圧センサー26万個にも上る。これらの製造において、最長で48日連続不良品なしという記録を達成した。

 このような実績の背景には、もちろん多くの改善や取り組みが存在するが、3つの合言葉に集約できるという。

  • 大きな声であいさつをしよう
  • キチンとした服装をしよう
  • 5S/6Sの感覚を磨こう

 「5S/6S」とは、清潔、しつけ、しつこく、整理、整頓、清掃の6つを表わしている。ぱっと見は小学校の標語のようだが、これらの活動が職場の快適性を維持するポイントであるという。職場が快適になれば、労災もなくなり、製造不良もなくなっていく。

 「本社からは、当然もっと難しい取り組み目標が課せられているが、それらの目標を社員全員が理解し得るわけではない」と、工場長の榎本正志氏は言う(図2)。これは厳しいようだが真理だ。本社からの目標をシンプルに、誰でも理解できる形に翻訳すると、上の3つに集約される、というわけである。

図2 ボッシュ栃木工場工場長の榎本正志氏

不良品箱がないのはなぜ

 実際に工場内の取り組みを見学して感じたのは、さまざまな問題点の"見える化"にこだわっているということだ。例えば不良品箱を撤去してしまったこと。不良品がない状態が標準であるという考え方だ。不良品箱があると、中に不良品があってもなくても、近づいてのぞきこんでみるまで分からない。だが本当に不良品があったときだけ箱が出されることで、みんなが関心を持って見に来るようになる(図3)。

図3 ふだんは撤去されている不良品箱 不良品箱の後ろには「不良発生の記録」と書かれた板がラインごとに用意されていた。(クリックで拡大)

 工場長専用お掃除セットも、面白い取り組みだ(図4)。月に1回抜き打ちで、工場長自らが掃除道具を持ち、ライン内を掃除する。そこで収集されたゴミを、ビニールに入れて展示している(図5)。

図4 工場長専用お掃除セット
図5 収集したゴミは日付ごとに展示

 これを続けることで、次第にゴミがなくなっていき、最初はほうきとちり取りだったものが、最近では「コロコロ」でなければゴミが拾えないレベルになったという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.