ニュース
» 2013年01月16日 07時00分 公開

デトロイトショー2013:ベンツの4ドアクーペ「CLA」は「CLS」の弟分、サイズは「Cクラス」と同等 (2/2)

[川端由美,MONOist]
前のページへ 1|2       

「CLSクラス」から引き継いだ洗練された美しさ

 4ドア・クーペ・スタイルのフォルムは、全長4630×全幅1777×全高1437mmと、現行「Cクラス」とほぼ同等ながら、兄貴分のCLSクラスの洗練された美しさを引き継いでいる。


「CLAクラス」のCd値は0.22 研究開発担当役員のThomas Weber(トーマス・ウェーバー)氏の説明によれば、「CLAクラス」のCd値は0.22と低い。燃費を重視したこともあるが、この空力性能でもデザイン性を犠牲にしていないところがポイント。(クリックで拡大)

 運転席に座ると、このサイズのモデルとしては作り込まれたインテリアが目に飛び込んでくる。特にインパネやドアトリム周辺の質感が高い。後席の頭上空間は身長172cmの筆者にとって少々圧迫感があり、荷室も“メルセデスとしては”広くない。ただし、外観からの想像と比べれば、後席も荷室も狭くはないといったところだ。

 新設計の四輪駆動(4WD)システム「4MATIC」を搭載するのも話題の1つだ。FF車向けとなっており、今後幅広く展開する予定だ。組み合わされるトランスミッションが7速DCT(デュアルクラッチ)となるのも新しい。

新設計の4WDシステムは70kgと軽量 新設計の4WDシステムは70kgと軽量。「CLAクラス」をはじめ60車種に展開する予定。(クリックで拡大) 出典:ダイムラー

 当初のラインアップは、ガソリンエンジンモデルが1.6l(リットル)エンジン(122hp)と6速MT(マニュアルトランスミッション)を組み合わせた「CLA180」、1.6lエンジン(156hp)と6速MTを組み合わせた「CLA200」、2lエンジン(211hp)と7速DCTを組み合わせた「CLA250」の3つ。ディーゼルエンジンモデルが、1.8lエンジン(136hp)と6速MTを組み合わせた「CLA200CDI」と、2.2lエンジン(170hp)と7速DCTを組み合わせた「CLA220CDI」の2つ。欧州市場での価格は、2万8977〜3万7991ユーロ(約344万3000〜451万5000円)となる。さらに、最上級の「CLA45 AMG」については、2l直列4気筒エンジンにターボチャージャを搭載し(211ps/400Nm)、7速DCTと4MATICシステムを組み合わせて登場することが発表済みだ。

「CLAクラス」のエンジンルーム 「CLAクラス」のエンジンルーム。CO2排出量は、現段階で発表されている中では「CLA220CDI」の109−117g/kmが最も低いが、1.8lディーゼルエンジンを搭載する「CLA200CDI」の詳細が明かされた場合には、100g/km前後の低CO2排出量モデルとなる可能性もある。ガソリンエンジンモデルのCO2排出量は126〜144g/kmの間で、これらも低いといえる。(クリックで拡大)
「CLAクラス」の前方座席のインテリア 「CLAクラス」の前方座席のインテリア。ダッシュボード中央には、「mbrace2」と呼ぶ最新のテレマティクスシステムを搭載する。(クリックで拡大) 出典:ダイムラー

 このプレビューモデルは、1月14日から開催されるデトロイトショーには展示されず、そのままベルリンに移動して2月15日から始まる「ファッション・ウィーク」で公開される。

関連キーワード

ベンツ | クーペ | 自動車ショー | 新車 | 経営


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.