ニュース
» 2013年02月07日 20時16分 UPDATE

ビジネスニュース 企業動向:「半導体事業再編は苦渋の決断」、富士通セミコンの従業員数は2000人以下へ (2/2)

[朴尚洙,MONOist]
前のページへ 1|2       

三重の200mmラインは会津若松へ

 上記の新会社2社への転籍の他に、三重工場の200mmウエハーラインを、製造子会社の富士通セミコンダクターテクノロジーや会津若松工場などがある会津若松地区に移設する。三重工場の200mmウエハーラインが入っていた建屋については、「今後は未定」(肥塚氏)だという。

 そして、早期退職募集などによって、三重工場の200mmウエハーラインの従業員を含めて2000人程度の従業員を削減する方針である。つまり、新会社2社への転籍と合わせれば、約6500人の従業員が富士通セミコンダクターから去ることになる。

 2012年10月にデンソーに売却した岩手工場(岩手県金ケ崎町)、2012年12月にジェイデバイスに売却した3つの後工程工場に勤務していた約2400人を加えれば、人員削減の規模は8900人まで膨れ上がる。最終的な富士通セミコンダクターの従業員数は「1000〜2000人の間」(肥塚氏)を想定しており、2012年9月末と比べれば80%以上減少することになる。富士通社長の山本氏は、「富士通セミコンダクターは、マイコンやアナログICの設計・開発部門と販社機能、会津若松地区の工場から構成されるコンパクトな企業になる」と述べている。

富士通の構造改革による人員削減規模 富士通の構造改革による人員削減規模。「国内外の人員対策」の約5000人のうち、2000人が富士通セミコンダクターを対象としている。(クリックで拡大) 出典:富士通

マイコンとアナログIC事業も安泰ではない?

 今回の再編計画では、富士通セミコンダクターに残るマイコンとアナログICの事業の今後についても含みを持たせている。ニュースリリースでは、「顧客への安定的な供給とビジネスの発展を目指し、今後、あらゆる可能性を検討していく」となっている。「再編計画の完了後に富士通セミコンダクターそのものを売却する可能性もあるのか」という質問に対しては、「文字通り、あらゆる可能性を検討する」(肥塚氏)と回答した。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.