ニュース
» 2013年03月05日 20時50分 公開

PLMニュース:iPad用の3次元ビュワーソフト、ラティスがアニメーション表示機能を追加 (2/2)

[畑陽一郎,MONOist]
前のページへ 1|2       

軽量化ソフトはなぜ必要なのか

 現在広く使われている3次元CADでは、大規模なアセンブリを扱うと出力ファイルが数Gバイトに達することもある。このような傾向は今後も続くだろう。設計部門以外でCADデータを生かそうとすると、このサイズが問題になる。国内の設計部門から海外の工場にデータを送る場合はデータ転送時間が課題になる。この他、製造部門でCADデータを閲覧する、作業マニュアルを作成するなどこういった作業全てに数Gバイトのファイルを使うことには無理がある。

 とはいえ、CADデータをいったん2次元の画像や図面に変換して配布してしまうと、情報が欠落してしまう。見たい角度から部品を見ることができない他、他の部品の陰になっている部品や、回転する部品などに対応できない。

 こういった課題を解決する手法の1つがCADデータの軽量化だ。ラティス・テクノロジーは元データを数百分の1のサイズに軽量化できる技術を用いた3次元CADデータフォーマット「XVL」を開発しており、XVLを利用したCAD/PDMソリューションを展開している(図3)。

図3 XVLを利用した「3Dものづくり革新」 3次元CADデータが備える形状情報、属性情報、構成情報をXVL形式に変換することで、軽量でありながら必要な情報を全て利用できることが特徴だ。今回のiXVL Player Ver.3.0は図に示されていないが、「スマホ タブレットPC」とある位置に相当する。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.