ニュース
» 2013年03月08日 10時00分 公開

市場調査:3次元プリンタの価格が半減へ、日本市場の比率高まる (2/2)

[畑陽一郎,MONOist]
前のページへ 1|2       

日本市場の比重が高まる

 日本市場の状況はどうだろうか。台数ベースでは2012年の推定1620台、93億円という市場が、2016年には1万5920台、155億円に成長すると予測した(図3図4)。

 世界市場の予測と比較すると、日本市場の占める台数ベースの比率が、2012年の1.4%から、2016年には2.9%に倍増することが予測から読み取れる。日本市場はパーソナルタイプに勢いがあるものの、平均価格の推移は世界市場とほぼ同じであることも分かる。さらに、金額ベースの予測ではパーソナルタイプ以外が重要であり続ける。

図3 3次元プリンタの市場規模(台数) パーソナルタイプの伸びが著しい。日本市場の予測値である。出典:シード・プランニング
図4 3次元プリンタの市場規模(金額) 金額ベースでは2016年においても、パーソナルタイプ以外が75%を占める。日本市場の予測値を示した。出典:シード・プランニング

 同社は今回の調査結果レポートを「2013 3Dプリンターの現状と最新市場動向」として販売している。レポートではプリンタの方式や技術動向についても触れている。


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.