特集
» 2013年05月01日 10時00分 公開

先行体験会リポート:発売前の「教育版レゴ マインドストーム EV3」を一足お先に触ってきた! (2/4)

[八木沢篤,MONOist]

いよいよ教育版 EV3体験会スタート!!

 それでは、お待ちかねの体験会の内容に入っていきましょう。体験会では、「中学校」「高校」「大学・企業」の各ステージでどのような学習を行うか、その模擬体験を行いました。講師の方から簡単なレクチャーを受け、最後に「体験課題」に挑戦するという流れです。

 用意されていた教育版 EV3は、基本的な組み立てが完了した状態のものでした(ちょっと残念!!)。「インタラクティブサーボモーターL(以下、モーター)」が左右に1つずつ搭載され、それぞれにタイヤが接続されています。さらに、後方中央には、パチンコ玉(?)のような部品の付いた補助輪が備わっていました。地面に接するのはこの3つで、前方2輪(駆動)、後方1輪の「3輪ロボット」といった感じでしょうか。

用意されていた教育版 EV3 体験会で用意されていた教育版 EV3

 モーターは「インテリジェントブロックEV3」の出力ポート[B][C]に接続されています。一方、入力ポート[1]に「タッチセンサー」が、入力ポート[3]に「カラーセンサー」が接続されており、教育版 EV3の前方に取り付けられています。

インタラクティブサーボモーターL出力ポート (左)インタラクティブサーボモーターL/(右)出力ポート

タッチセンサーカラーセンサー入力ポート (左)タッチセンサー/(中央)カラーセンサー/(右)入力ポート

 インテリジェントブロックEV3の中央にある正方形のボタンを押して電源をオンにします。OSにLinuxを採用しているそうで、電源オンからの起動に少し時間がかかる印象です。

基礎を学ぶ

 ご覧いただいたように、教育版 EV3の構成要素は大きく、「コンピュータ」「センサー」「アクチュエーター」の3つに分類できます。まず、中学校向けの内容では、これらを駆使して、コンピュータを利用した計測・制御の仕組みを学びます。そして、情報処理の手順を考え、簡単なプログラム作成ができることを目標にするそうです。

教育版 EV3の構成要素計測・制御の仕組み情報処理の手順 (左)教育版 EV3の構成要素/(中央)計測・制御の基本的な仕組み/(右)情報処理の手順(提供:アフレル)

 今回、中学校向けの体験課題として、

  1. モーターを使って、目的地まで行く
  2. センサーを使って、目的地まで行く(タッチセンサー/カラーセンサー)
  3. 黒い線に沿って走る

の3つに挑戦しました。

 教育版 EV3をプログラムするための専用ソフトウェア「教育版 EV3 ソフトウェア」が用意されています。今回教えていただいたのは、「プログラミングキャンバス」と呼ばれる画面上に、モーターやセンサーといった部品、さらに繰り返しや分岐といった処理、あるいは計算式(数学)などを模した「プログラミングブロック」を配置しながら処理の流れを作り、そのプログラムを教育版 EV3に転送するというものでした(ノートPCと教育版 EV3は、USBケーブルで接続します)。教育版 EV3 ソフトウェアは、米National Instrumentsのグラフィカル開発ツール「LabVIEW」をベースに開発されたものです。画面イメージは以下のような感じです。なお、体験会で使用したバージョンはβ版(英語版)でしたが、国内発売される際には日本語版で提供されるそうです。

教育版 EV3 ソフトウェア 教育版 EV3 ソフトウェア(提供:アフレル)

 それでは、実際の動きを見ていただきましょう。




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.