ニュース
» 2013年05月21日 07時00分 公開

ホンダのF1復帰はハイブリッド化する新型「NSX」投入の布石か時期はどちらも2015年(2/2 ページ)

[朴尚洙,MONOist]
前のページへ 1|2       

F1復帰と同年に発売される新型「NSX」

 ここまで挙げた、マクラーレン・ホンダに代表されるホンダの第2期F1活動、2014年からのF1で使用されるV型6気筒エンジン、ERSと関係の深いハイブリッドシステム、ホンダのF1復帰時期に当たる2015年という4つの項目から浮かび上がる1台の車両がある。ホンダのスポーツカー「NSX」である。

 NSXが発売されたのは1990年。マクラーレン・ホンダがF1で圧倒的な強さ見せつける中、同様に高い走行性能を誇るホンダの2シータースポーツカーとして開発された。2005年末に生産終了したものの、根強い人気もあって復活を期待する声は多かった。

 これらの声に応えて、2012年1月の「北米国際自動車ショー」で、ハイブリッドシステムを採用した「NSXコンセプト」がついに発表された。2013年1月の同ショーでも、さらに進化したエクステリアデザインを発表している。

2005年に生産を終了した「NSX」(左)と、2013年1月の「北米国際自動車ショー」で発表された進化版の「NSXコンセプト」(クリックで拡大) 出典:ホンダ

 新型NSXは、軽量のボディに次世代の直噴V型6気筒エンジンを初代NSXと同様にミッドシップレイアウトで配置し、北米の高級車ブランド「Acura」の「RLXハイブリッドタイプ」で初採用したモーターを3個使用するハイブリッドシステム「Sport Hybrid SH-AWD」を組み合わせる。前輪の左右を独立した2個のモーターで、後輪はデュアルクラッチトランスミッションで接続したV型6気筒エンジンとモーターで駆動する。

ホンダのハイブリッドシステム「Sport Hybrid SH-AWD」 ホンダのハイブリッドシステム「Sport Hybrid SH-AWD」。「Acura」ブランドの「RLXハイブリッドタイプ」に搭載されているもので、新型「NSX」とは逆に、前輪はエンジンと1個のモーターで、後輪の左右は独立した2個のモーターで駆動する構成となっている(クリックで拡大) 出典:ホンダ

 そして、F1復帰の前日に当たる2013年5月15日には、この新型NSXの生産工場を米国オハイオ州に建設し、2015年から量産を始めることも明らかにした。

 つまり、ホンダがF1に復帰する2015年に発売する、かつてのマクラーレン・ホンダ時代をほうふつとさせる新型NSXは、2014年以降のF1で採用されるのと同じエンジンタイプであるV型6気筒エンジンや、ERSと同様の技術が活用されるハイブリッドシステムを搭載しているというわけだ。

 もちろん、F1復帰が2015年である以上、2015年発売の新型NSXに搭載されるV型6気筒エンジンはF1のようにダウンサイジング過給を適用していない可能性が高い。ハイブリッドシステムのSport Hybrid SH-AWDも、F1のERSとは得られる効果が大きく異なる。

 しかし2015年のF1復帰と新型NSXの投入が、ホンダのスポーツカー分野における事業活動の両輪になることは確実だろう。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.