特集
» 2013年07月08日 10時00分 公開

特集 どうなる? どうする? 組み込み機器向けWindows XP:いまだから知っておきたい! XP EmbeddedからStandard 7への移行ポイント【前編】 (2/2)

[山下喜宏,MONOist]
前のページへ 1|2       

リソース管理

 WES7では、前述のようにフォルダ構造が大きく変更されています。ユーザーデータやアプリケーションデータを格納するフォルダの変更例を以下に幾つか挙げます(表4)。


Windows XP Windows Embedded Standard 7
Documents and Settings Users
<ユーザー名>\Application Data 
<ユーザー名>\LocalSettings 
\Application Data
<ユーザー名>\AppData
All Users Public
All Users\Application Data ProgramData
表4 その他のフォルダ構造が変更された例

 従来のアプリケーションが表4のWindows XPで規定されている正しいカテゴリのフォルダにアクセスしている場合、後述の接合ポイントが正しいWES7のフォルダにリダイレクトしてくれるため、通常、大きな問題は発生しません。

接合ポイント

 繰り返しになりますが、WES7では、ユーザーデータやアプリケーションデータを格納するためのフォルダの構造が、大幅に変更されています。これらの変更による既存アプリケーションへの影響をなくすため、WES7には接合ポイントという機能が追加されています。この機能により、アプリケーションが古いフォルダパスにアクセスしても、新しいフォルダへリダイレクトしてくれます。実際のリダイレクトの例を幾つか示します(表5)。

接合ポイント(古いフォルダパス) リダイレクト先(新しいフォルダパス)
Documents and Settings Users
Documents and Settings\<ユーザー名> 
\My Documents
Users\<ユーザー名>\Documents
  Documents and Settings\<ユーザー名> 
\スタート メニュー
Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming 
\Microsoft\Windows\StartMenu
表5 「接合ポイント」によるリダイレクトの例

 Windows XPとWES7におけるフォルダパスの差異に関しては、この接合ポイントの働きにより、大きな問題とならないケースがほとんどです。

OSのセキュリティ強化による影響

PC全体で共有するデータの保存先

 全てのユーザーで共有するデータの保存先フォルダへの書き込み権限は、既定では標準ユーザーに与えられていません。書き込みには管理者権限が必要となるため、ファイルなどはインストール時などに保存する必要があります。

 共有データの保存先フォルダとしては、以下のようなものがあります(表6)。

カテゴリ 保存先フォルダ
プログラムファイル Program Files
システムファイル Windows
共有データ ProgramData
レジストリ HKEY_LOCAL_MACHINE
表6 共有データの保存先フォルダ

 既存のアプリケーションが規定された通りのフォルダにアクセスしていない場合、WES7ではセキュリティ強化により、フォルダにアクセスできなくなる可能性があります。具体的な例では、標準ユーザーには「Program Files」フォルダなどのシステムフォルダへの書き込み権限がありません。従来のアプリケーションがProgram Filesフォルダにファイルを追加していても、Windows XPでは問題は発生しませんでした。しかし、WES7ではアプリケーションが標準ユーザー権限で実行されるため、Program Filesへの書き込み権限がなく、アクセス違反のエラーが発生してしまいます。このような問題を防ぐため、アプリケーションは適切なユーザーデータやアプリケーションデータのフォルダへファイルを格納する必要があります。



 本特集は、2014年でサポート期限切れとなるWindows XPだけではなく、組み込み機器向けのWindows XP Embeddedについても、Windows Embedded Standard 7をはじめとした最新OSへ移行した方がよいという話からスタートしました。そして、今回は「一般的な非互換性による影響」について説明し、「OSのセキュリティ強化による影響」では「PC全体で共有するデータの保存先」に関する注意点を解説しました。

 次回の【後編】では、「OSのセキュリティ強化による影響」の続きとして、ご存じの方も多い「ユーザーアカウント制御(UAC:User Account Control)」などを解説していきます。お楽しみに! (次回に続く)

参考文献:マイクロソフト ホワイトペーパー「アプリケーション開発者向け Microsoft Windows 7対応アプリケーションの互換性」


筆者紹介:

山下喜宏(やました よしひろ)

NECシステムテクノロジー シニアエキスパート 
Microsoft Windows Embedded MVP(Most Valuable Professional)アワード受賞者 
大阪電気通信大学 非常勤講師

ソフトウェアアーキテクトとして組み込み機器などの開発に携わる。また、Windows XPサポート終了に伴う新しいWindows OSへの移行に関連するサービスなども展開中。


文中での記載に関する注意事項:

※Windows Embedded Standard 7のベースとなっているWindows 7で対応された変更点に関しても、便宜上、Windows Embedded Standard 7における変更として記載しています。

※説明に当たり、Windows Embedded Standard 7(または、Windows 7)からの変更と記載していますが、一部、正確にはWindows Vistaで対応された変更の場合もあります。


Windows Embedded コーナー

Windows Embeddedコーナー
Windows Embedded専門コーナー。Windows Embedded StandardやWindows Embedded Compactをはじめとする「Windows Embedded」ファミリの最新動向や技術情報をお届けします!!

>>コーナーTOPはこちらから


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.