特集
» 2013年07月09日 13時00分 公開

研究者しか買えない「ルンバ」や忍者ロボットが大集合――実に面白いロボット技術フォトギャラリー「ROBOTECH 次世代ロボット製造技術展」(2/3 ページ)

[八木沢篤,MONOist]

市販品じゃありません!! 研究用「ルンバ」(セールス・オンデマンド&明治大学)


アイロボット ルンバ 研究開発キット お掃除ロボット「ルンバ」の開発元である米iRobot社の日本総代理店セールス・オンデマンドは、「アイロボット ルンバ 研究開発キット」を訴求していた。アイロボット ルンバ 研究開発キットは、ルンバをロボット研究・教育用プラットフォームとして、教育機関や研究機関に販売するもの。併せて、研究者が意見交換できるコミュニティーサイト「アイロボット ルンバ ロボット開発コミュニティ」も開設している。写真は隣りのブースに出展していた明治大学の展示物である
明治大学 理工学部 黒田研究室 明治大学 理工学部 機械工学科 ロボット工学研究室/黒田研究室の自律型移動ロボット「Infant」。カメラ、GPS、センサーなど、さまざまな要素技術を活用しながら、自己位置推定や障害検出などを行い、安定した自律走行の実現を目指す。人間が暮らす実生活空間で行われる自律走行競技「つくばチャレンジ」にも参加している

ロボットで多摩地域の活性化を目指す(青梅商工会議所)

着せ替え案内ロボ 青梅商工会議所「ロボット産業活性化推進機構」は、ロボットで多摩地域の活性化を目指すべく、ロボットの研究開発および新事業創出を模索している。今回は3つの分科会のうちの1つ「ものづくりメカトロニクス分科会」を中心に出展。展示会場では、ベクトルが2013年6月28日に発表した「着せ替え案内ロボ」を披露。頭部の端末やボディのデザインなどをカスタマイズすることで、さまざまな用途・シーンに活用できる。奥多摩レンタサイクルとのコラボレーションによる「観光地・商店活性化システム」の実証テストで導入される(実施期間:2013年7月17〜19日)。本実証テストでは、観光客からのリクエストを受け付け、サイクリングコースなどの提案を行う
等身大ロボット こちらは青梅市に拠点を置く南デザインが製作した等身大ロボット

日本語が上手になったヒューマノイドロボ(アルデバラン・ロボティクス)

自律型ヒューマノイドロボット「NAO」 仏アルデバラン・ロボティクスの自律型ヒューマノイドロボット「NAO」。展示会場では、新たに強化された日本語機能に関するデモンストレーションを披露。自己紹介やスポーツのジェスチャークイズなどを実演していた。日本語に対応した音声合成技術として、今回、エーアイの高品質音声合成エンジン「AITalk」を採用。日本語での対話が可能な新バージョンの正式リリースに向けて開発が進められているという
NAO(2)NAO(3) 顔は無表情だが、細かなしぐさなどがとても可愛らしい。自律型ヒューマノイドロボット「NAO」 ※画像クリックで拡大表示

NAO(4)NAO(5) 自律型ヒューマノイドロボット「NAO」。こちらのオレンジの機体は「AITalk」ではない別の音声合成技術が採用されているそうだ ※画像クリックで拡大表示

>>関連記事:ヒューマノイドロボ「NAO」の日本語能力を高める音声合成エンジン「AITalk」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.