連載
» 2013年07月19日 10時00分 公開

無償3次元CADでどんどん形を作り上げようパーソナル3次元プリンタ入門(6)(2/2 ページ)

[森田浩史/ウルトラテクノロジスト集団 チームラボ:MAKE部,MONOist]
前のページへ 1|2       

パーツを統合してケースの基本形状を作る

 押さえ部分の3次元モデルが作成できたので、箱型のパーツp1と押さえ部分のパーツp2を統合します。

 ブラウザバーのp1を右クリックし、ポップアップするメニューから「アクティブ化」を選択します。次に「Modeling」から「ブール」の「和」を選択します。

ブールの和を選択

 ダイアログボックスの「ブランク」にp1が入力され、「ツール」が黄色にハイライトされている状態で、ビューポート内の押さえ部分の3次元モデルをクリックします。ダイアログボックスの「ツールを残す」のチェックを外し、「了解」ボタンをクリックすると、2つのパーツがパーツp1に統合されます。

ブール演算で箱部分と押さえ部分を統合

 これでケースの基本形状の完成です。

ケースの壁に切り欠きを作る

 ここまででケースの基本形状の作成ができました。この次はケースの壁に、コネクタやボタンスピーカなどの逃げの部分となる切り欠きを作成していきましょう。

 ブラウザバーのw2のチェックを外し、ワークプレーンw2を非表示にします。次に切り欠きのプロファイル作成用に、さらに新しいワークプレーンを新規追加します。

 「Modeling」タブから「ワークプレーン」を選択し、「名前」に「w3」が入力されていることを確認して、ダイアログボックスの「位置定義」にある「面に平行」ボタンをクリックします。ケースの壁の天面を選択して「了解」ボタンをクリックして完了します。「ワークプレーンw3」ができました。

ワークプレーンw3を設定

 次に切り欠き部分のプロファイルを作成していきます。パーツp1とワークプレーンw3だけ表示させ、さらにw3をアクティブ化します。「ビュー」タブから「フィット」「ビュー設定」をクリックして、ワークプレーンが垂直に上から見えている状態にしてください。

ビューを調整

 「Modeling」タブから「長方形」を選択します。ケース左面のエッジにフォーカスされている状態で右クリックし、ポップアップするコンテキストメニューから「相対距離」を選びます。

ケース左面からの相対距離を選択

 入力はせず、ケース下面のエッジにフォーカスがされている状態にして、右クリックから「相対距離」を選択します。ケース左と下の両方からの相対距離を入力できる状態になっているので、「Tab」キーで入力フォーカスを切り替えながら、2つの入力枠に「5」と入力します。これで切り欠きの長方形プロファイルの左上の点が設定できます。

ケース左面と下面からの相対距離を設定する:図で「11.0892」「9.15839」となっているところを「5」に変えよう

 今度は右下の点を決定します。ケース左面の場合と同様に、ケース右面のエッジにフォーカスされた状態で右クリックし「相対距離」を選択します。そのまま下面のエッジの延長線上に付近にポインタを移動させると、自動で延長線上にスナップします。Tabキーで右面からの距離の入力部分にフォーカスを合わせて「5」と入力し、ケース下面へのスナップ状態を保つように付近をクリックして右下の点を決定します。

右下の点を設定

 「了解」ボタンをクリックして、ケース下側の長方形作成を完了です。

下側の切り欠き用プロファイル

 以上がiPhone5下側にあるイヤフォンジャック、Lightningコネクタ、スピーカを逃げとなる切り欠き用のプロファイルとなります。

 今作成したケース下側のプロファイルと同様に、ケース上側にも同じ形の長方形プロファイルを作成します。これはiPhone5の上面にある電源ボタンの逃げになります。

上下に切り欠き用プロファイルを作成

 次にiPhone5左側にある着信音切り替えスイッチ、音量ボタン部分の切り欠き用プロファイルを作成します。上下の長方形と同様の手順で、横幅が左面から「3」、上面からの相対距離は「13.3」、縦の長さ「37.7」となるように長方形を作成します。

切り欠き用プロファイルとなる長方形を作成する

 これで、切り欠き3カ所分のプロファイルの作成が完了しました。

 ここまでで切り欠き用のプロファイルができたので、厚みを付けていきましょう。まず「Modeling」タブから「パーツ」を選択して、新しい「パーツp2」を追加します(さっき作ったパーツp2は結合されたので、なくなっています)。

 まずブラウザバーで、空のパーツp2と、切り欠き用プロファイルを追加したワークプレーンw3をアクティブ化してください。次に「Modeling」タブより「プル」を選択し、表示されるダイアログボックスの「タイプ」で「面へ」を選びます。ケースの内底となっている面をクリックすると、プロファイルがそこまで伸びたモデル3つの出来上がりです。

プロファイルから内底まで押し出し

 これらは自動でパーツが「p2」「p2.1」「p2.2」に振り分けられているので、ブラウザバーで確認してみてください。

 次は基本形状から「パーツp2」「パーツp2.1」「パーツp2.2」の形状をそれぞれ切り取っていきましょう。まず、パーツp1をアクティブ化。次に「Modeling」タブより「ブール」「差」と選択します。

ブール-差を選択

 ダイアログボックスに「ブランク」に「/p1」が入力されていることを確認し、「ツール」の入力フォームが黄色くハイライトされている状態で、ビューポートのパーツ「p2」の3次元モデルをクリックします。ダイアログボックスの「ツールを残す」のチェックを外して、「了解」ボタンを押しましょう。

ツールにパーツp2を選択した状態

 同様の操作をパーツp2.1、p2.2に対しても繰り返します。

ケースの壁にボタン、コネクタなどの逃げとなる切り欠きができました

 これでケースの壁部分の切り欠きが作成できました。

 モデリングはさらに次回へ続きます。あともう一息です。

Profile

森田浩史(もりた ひろふみ)

早稲田大学大学院機械工学科卒業。家電メーカーでカーナビの機構設計に従事。SIerでの勤務後、フリーランスを経てチームラボへ入社。Webシステムの構築をしながらチームラボMAKE部でハード、ソフトを問わずモノづくりに携わっている。

筆者ブログ:「3Dプリンターにバンザイ!」



関連キーワード

3Dプリンタ | ものづくり


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.