ニュース
» 2013年08月02日 19時30分 公開

製造マネジメントニュース:トヨタ、“アベノミクス”で四半期過去最高益――グループ生産台数は1000万台超え (2/2)

[三島一孝,MONOist]
前のページへ 1|2       

市場の先行きに不透明感

 各市場にも不透明感が残る。日本や北米は順調な成長が期待されるものの、欧州は緊縮財政による景気の低迷で自動車市場そのものが低迷する見通し。また中国も成長が鈍化している。さらにタイでは、洪水からの復興需要や補助税制などが終了したことから市場は減少する見込み。またインドなどもルピー安により失速が懸念されている。

 佐々木氏は「為替の動きなども含めて慎重に見極めていく。変化する環境に対応しつつ収益構造の維持・改善を進めていきたい」と述べている。

 一方で、ダイハツ工業、日野自動車の台数も加えたグループの2013年(暦年)の生産台数は、当初計画していた994万台から18万台上積みし1012万台とした。過去最高だった2012年を上回り、初の1000万台超えとなる見込みだ。

2013年暦年の販売、生産計画 トヨタグループの2013年暦年の販売、生産計画

海外の現地法人は? アジアの市場の動向は?:「海外生産」コーナー

独立系中堅・中小企業の海外展開が進んでいます。「海外生産」コーナーでは、東アジア、ASEANを中心に、市場動向や商習慣、政治、風習などを、現地レポートで紹介しています。併せてご覧ください。



世界同時開発を推進するには?:「グローバル設計・開発コーナー」

世界市場を見据えたモノづくりを推進するには、エンジニアリングチェーン改革が必須。世界同時開発を実現するモノづくり方法論の解説記事を「グローバル設計・開発」コーナーに集約しています。併せてご参照ください。




「製造マネジメントニュース」バックナンバー

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.