特集
» 2013年11月01日 16時50分 公開

「アルファード」「エルグランド」と比較:新型「オデッセイ」はなぜ超低床化しなければならなかったのか (3/3)

[朴尚洙,MONOist]
前のページへ 1|2|3       

室内高さは「アルファード」と「エルグランド」の中間

 新型オデッセイと競合するのは、上級ミニバンとして知られるアルファード/ヴェルファイアとエルグランドだ。

 表1では、新型オデッセイ、アルファード、エルグランドの外形寸法(全長×全幅×全高)、ホイールベース、、最小回転半径、室内寸法(室内長×室内幅×室内高)車両重量、JC08モード燃費、車両価格(税込み)を示している。なお、アルファードとオデッセイについては、エンジン排気量2.4〜2.5lの8人乗りFF車モデルの仕様値を用いている(新型オデッセイは「Gグレード」、アルファードは「240Gグレード」、エルグランドは「250Highway STAR」)。

車両名 オデッセイ アルファード エルグランド
外形寸法 4830×1800×1695mm 4870×1830×1890mm 4915×1850×1815mm
ホイールベース 2900mm 2950mm 3000mm
最小回転半径 5.4m 5.9m 5.7m
室内寸法 2935×1625×1325mm 3160×1585×1400mm 3020×1580×1275mm
車両重量 1720kg 1890kg 1920kg
JC08モード燃費 13.8km/l 10.8km/l 10.8km/l
車両価格 281.9万円 364万円 341.25万円
表1 上級ミニバンの比較
トヨタ自動車の「アルファード」 トヨタ自動車の「アルファード」(クリックで拡大) 出典:トヨタ自動車
日産自動車の「エルグランド」 日産自動車の「エルグランド」(クリックで拡大) 出典:日産自動車

 新型オデッセイは、全長と全高を従来モデルよりも増やしたものの、アルファードやエルグランドと比べて外形寸法は全て小さい。このため、最小回転半径が5.4mと5ナンバーサイズのミニバンとほぼ同等で、5.9mのアルファードや、5.7mのエルグランドよりも取り回しに優れる。全高も低く低重心なので、走行性能については、アルファードとエルグランドを上回っていると言ってよいだろう。

 室内寸法は、室内長と室内高さでアルファードが圧倒している。新型オデッセイは、室内長は最も短く、室内高さについてもアルファードとエルグランドの中間にとどまっている。しかし、全高の低さで得られる走行性能とのトレードオフで考えれば、全高が約200mm高いアルファードに対して、室内高さの差が75mmだけで済んでいるとも言える。なお、室内幅は、1600mm以上を確保した新型オデッセイがトップである。

 JC08モード燃費については、新開発の排気量2.4lエンジンとアイドルストップシステムを搭載する新型オデッセイが13.8km/l(上級グレードの「アブソルート」は直噴エンジンの搭載により14.0km/lを達成)で、最も良好である。アルファードとエルグランドはともに10.8km/lとなっている。ただし、アルファード/ヴェルファイアにはハイブリッドモデルが用意されており、JC08モード燃費は16.2km/lを実現している。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.