ニュース
» 2013年11月08日 13時30分 公開

東京モーターショー2013:日産のEV「ブレイドグライダー」は地上を滑空する感覚、市販も視野に (2/2)

[朴尚洙,MONOist]
前のページへ 1|2       

「スカイライン」「ティアナ」の新モデルも

 ブレイドグライダーの他には、2013年11月〜2014年3月にかけて発売する新型車やビッグマイナーチェンジを行う車両も展示する。

 展示する新型車は4車種ある。2013年11月11日に発表を予定している新型「スカイライン」(関連記事:「インフィニティQ50」がラインオフ、ハイブリッドやステアバイワイヤを搭載)、2013年12月に発売する新型「エクストレイル」(関連記事:新型「エクストレイル」は単眼カメラだけで自動ブレーキ、価格低減も実現)、2014年初旬に発売するスーパーハイトワゴンタイプの軽自動車「DAYZ ROOX」(関連記事:軽スーパーハイトワゴンは競争激化、日産と三菱自が車名と外観デザインを発表)、2014年3月末までに発売する新型「ティアナ」である。


新型「ティアナ」の外観と内装(クリックで拡大) 出典:日産自動車

 ビッグマイナーチェンジを行う車両は3台。2013年12月にはミニバン「セレナ」とコンパクトカー「ノート」に、「エマージェンシーブレーキ」や「LDW(車線逸脱警報)」などの運転支援システムを搭載する。2014年1月には、上級ミニバン「エルグランド」について、フロントフェイスの大幅な変更や荷室の拡大を施すとしている。

ビッグマイナーチェンジを行う「エルグランド」の外観と内装(クリックで拡大) 出典:日産自動車

 これらの他、EV「リーフ」では、スポーツタイプの「リーフ エアロスタイル」を2013年12月に追加する。商用EV「e-NV200」は2014年3月末までに国内市場に投入する予定である。

「リーフ エアロスタイル」の外観 「リーフ エアロスタイル」の外観(クリックで拡大) 出典:日産自動車
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.