ニュース
» 2013年11月20日 19時15分 公開

東京モーターショー2013:デジタルネイティブの心に響くクルマ――日産、箱型スタイルカー「アイディーエックス フリーフロー/ニスモ」 (2/2)

[西坂真人,MONOist]
前のページへ 1|2       

レーシーなスタイルの「アイディーエックス ニスモ」

 ゆったりしたセダンスタイルのアイディーエックス フリーフローとは対照的にレーシーなスタイルなのが「アイディーエックス ニスモ」だ。

 『レースシミュレーションゲーム上で古今東西のレースシーンを体験してきたデジタルネイティブ世代は、実際に乗る車にもそのイメージを追求。「アイディーエックス」のシルエットに日産の箱型レーシングカーの歴史を感じ取った』……という設定からアイディーエックス ニスモのスポーティーなデザインが生まれたという。

photo アイディーエックス ニスモ

 アイディーエックス フリーフローに比べて全幅を10cmワイド化(全幅約1.8m)。よりロー&ワイドでスポーティなプロポーションとなっている。スピード感のある逆スラントノーズやサイドマフラー、前後左右の現代的な形状のエアロダイナミクススポイラー、19インチホイール&225/40タイヤなど、レーシングスタイルを裏切らないスポーツ仕様になっており、パワートレインも1.6リッター直噴ターボエンジンを採用。6速マニュアルモードを搭載したCVTを組み合わせ、シンクロレブコントロールによるスポーティーな走りが楽しめる。

photo ロー&ワイドでスポーティなプロポーション

 「アイディーエックス ニスモはフリーフローと全く同じ、基本的なスリーボックスのデザインで、歴代の日産のレーシングカーをほうふつさせるシルエット。想像力と創造性次第で、共通のプラットフォームからまったく異なるクルマを作り出せることの証。将来、お客さまは限られたラインアップの中からクルマ選びをする必要はない。お客さま独自の嗜好(しこう)とニーズに合わせたクルマ作りができるようになる」(カルロス ゴーン氏)。

photo
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.