特集
» 2013年12月04日 16時45分 公開

Autodesk University 2013:「“VUCA”の時代を生きるには“外”を見ろ」――Autodesk University基調講演 (2/2)

[三島一孝,MONOist]
前のページへ 1|2       

クラウドビジネスをさらに拡充

 これらの不確実な状況で“外部”に目を向け、それらの力と連携を図り、有効に活用していくことが必要だからこそ、クラウド・プラットフォームによるコラボレーションの重要性が高まっている。Autodeskではクラウドプラットフォームとなる「Autodesk 360」を中心にクラウドサービスの拡充にここ数年取り組んでいる(関連記事:なぜクラウド製品やコンシューマ向け製品に取り組むのか)。

 製造業向け「Autodesk 360 for PLM」、建築業向け「Autodesk 360 for BIM」などの他、2012年にはクラウド型統合3次元CAD「Autodesk Fusion 360」を発表(関連記事:3次元CADをクラウドで提供。ライセンス料「使いたい期間だけ」)。今回のAutodesk Universityでは、クラウド型のCAMも発表し、クラウドサービスのポートフォリオ拡充を急いでいる状況だ。

バス氏 Autodesk社長でCEOのカール・バス氏

 Autodesk社長でCEOのカール・バス氏は「クラウドプラットフォームを活用することで、いつでもどこでもデータにアクセスすることが可能で、距離や時間を超えたコラボレーションが実現できる。『Autodesk 360』によるコラボレーションは、ある意味でエンジニアにとってのFacebookのようなものだ」と話している。

 基調講演ではこの他、自動車の英国アストンマーチン(Aston Martin)での「Autodesk 360 for PLM」での事例や、新設されるデンバー国際空港での活用事例、ロボットを活用したシネマトグラフィー企業のBot&Dollyでの活用事例などを紹介し、「Autodesk 360」の価値をあらためて訴えた。

アストンマーチンBot&Dolly 基調講演で「Autodesk 360」の活用事例として紹介されたアストンマーチンの実車(左)とBot&Dollyのロボットによる映像効果のデモ(右)
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.