連載
» 2013年12月18日 10時00分 公開

3D CAD&3Dプリンタで機構を作る(2):ミニチュア折りたたみイスの3次元モデルを作ろう (2/4)

[志田穣,MONOist]

長脚部を作成しよう

 次に、長脚部を作成します。基本的なアプローチは短脚部と同じです。

  1. 基準断面から必要な要素を投影
  2. 押し出し
  3. 追加/カット
  4. 穴開け

 まず、先ほども使ったPlane1(BROWSERのConstructionフォルダ内にあります:図2参照)を表示し、そこに図12のように線を投影します。

図12 長脚部のために線を投影

 短脚部のジョイントの円は、図5で描いた位置と同じです(脚部外形の中心線と、基準の縦線との交点を中心にして、6mmの円を描く)。寸法を基に新たに作画するか、図5のスケッチを再表示して投影してみてください。

 次に、Press Pullで、図13のように、長脚部の外形を1mm外側に押し出します。

図13 長脚部の基本ソリッド作成

 2つの円のスケッチを使って、段差を外側に追加(0.5mm)します。

図14 ジョイントと端部のためのボリューム追加

 次に、長脚部と着座部とのスライダー(イスを折りたたむ機構です)のためにスロット穴を開けます。図15のように、「BROWSER→Edit Sketch」で選んだ長脚部のスケッチに、スロット外形を足します。スロット穴の外形を作成したら、Press Pullで貫通させます。

図15 スロット穴を作る

 後は、長脚部と短脚部との交差部に3mmの穴を貫通させます(図16)。

図16 ジョイントの穴開け

 長脚部にも、短脚部と同様に左右をつなぐ細長い補助形状や、イス上部の背もたれの形状を作ります。

 左右をつなぐ補助形状は、折りたたんだ時に短脚部と干渉しないようにします。図17のように、長脚部の側面をSketchの平面として選択し、縦3mm、横11mmの長方形を作画したら、イスの前方向(図17では手前側に)に1mm押し出します。

図17 長脚部の補助形状作成

背もたれの作成(簡単)

 背もたれは、長脚部の内側の面を選択し、最上部のR形状の中心点にφ10mmの円を描いて、Press Pullで内側に10mm押し出します。これで、長脚部の右半分が完成しました。

図18 背もたれ部の円柱作成

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.