連載
» 2014年01月24日 10時30分 UPDATE

3次元って、面白っ! 〜操さんの3次元CAD考〜(31):無償3次元CADだと物足りない人に「MoI 3D」 (3/4)

[水野操 テクノロジーコラムニスト/3D-GAN,MONOist]

ブレンド

 さて、123D Designの場合には、扱うことができる3D形状はソリッドのみで、サーフェスが扱えません。しかし、MoI 3Dの場合にはサーフェスを扱うことが可能です。そのオペレーションのうち2つほど取り上げましょう。1つがブレンドです。

 以下のように、半径が異なる2つのサーフェスによる円筒があります。

yk_yk_3d31_28.jpg 半径が異なる2つのサーフェスによる円筒

 「Blend」(ブレンド)コマンドを起動して、2つの円筒の向かい合っているエッジを選択します。

yk_yk_3d31_29.jpg エッジを選択すると黄色くハイライトする

 この際作成されるサーフェスと、元から存在するサーフェスの面は、このように接線連続で接続できます。

yk_yk_3d31_30.jpg 接線連続で接続可能

 または、曲率連続を選ぶことができます。

yk_yk_3d31_31.jpg 曲率連続を選択する

 ここでもBulgeの数値をいじって形状をさらに調整することができます。

yk_yk_3d31_32.jpg Bulgeの数値をいじって、形状の変化を見てみる

Network

 もう1つはネットワークを使ったサーフェスの作成です。これも123D Designで作るには難しい形状です。取りあえず、こんな風にカーブを数本スケッチしました。

yk_yk_3d31_33.jpg カーブをスケッチする

 「Network」コマンドを起動して作成したカーブを選択します。

yk_yk_3d31_34.jpg Networkで、カーブを選択すると黄色くハイライト

 コマンドを確定させると、このようにサーフェスが作成されます。

yk_yk_3d31_35.jpg サーフェスができた

 さらに、この面に重なるように円柱を作成してみます。

yk_yk_3d31_36.jpg 円柱を追加

 その後、「Boolean」(ブーリアン)コマンドを使って、この円柱を面を使ってカットしてみます。

yk_yk_3d31_37.jpg ブーリアンでカットする

 サーフェスがあった部分の上半分を削除すると、このように、元の曲面に沿った上面になっています。

yk_yk_3d31_38.jpg 円筒上面が曲面に

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.