連載
» 2014年02月03日 13時00分 公開

モノづくり最前線レポート:レタスを作る半導体工場!? 植物工場は製造業を救う切り札になるのか (2/4)

[三島一孝,MONOist]

レタスを作る半導体工場の横顔

 富士通セミコンダクター会津若松工場は1984年に、同じ会津若松市にあった旧会津工場からの移転によって操業を開始した。2014年はちょうど30周年を迎える歴史ある工場だ。

 低カリウムレタスを生産することになった2番館は1989年に操業を開始しており、1996年には8インチラインの操業を開始するなど、主力工場の1つとして存在感を発揮していた。しかし、半導体市況が厳しさを増す中、2009年12月に操業を終了。それ以降、遊休施設として残っていた。ちなみに1番館と3番館は現在も半導体の生産を続けている。

工場の概要 富士通セミコンダクター会津若松工場の概要(クリックで拡大)

 2番館のクリーンルームは8000m2であるが、そのうち2000m2を植物工場として利用している。基本的にはクリーンルームをそのまま活用し、照明や棚などは新たに購入。2013年7月の発表以来2013年度(2013年4月〜2014年3月)までの投資は約4億円だという。このクリーンルーム内で播種、育苗、定植、収穫、包装・梱包、出荷作業まで行う。

2番館クリーンルーム 富士通会津若松工場2番館の外観(左)とクリーンルーム(右)(クリックで拡大)

 クリーンルームは、クラス1000〜10000※)で、従業員が中で作業する際には半導体製造時と同じように埃の影響を抑えるため、服装や入室の準備作業などが厳しく規定されている。ただ完全密閉型のクリーンルームで生産することで思わぬ効果もあったという。「雑菌数が抑えられるために、通常のリーフレタスがは1日経過するだけでもすぐにしなびてしまっていたのが、2週間程度は新鮮な状態が維持できる。また洗わなくても食べられる」と野牧氏は話す。

※)米国規格による清浄度。クラス1000は、0.5μm以上の微粒子数が1f(フィート)3の空気中に1000個以下、クラス10000は、同基準で10000個以下の状況を示している。

植物工場播種育苗 クリーンルーム内の植物工場の様子(左)と低カリウムレタスの播種の様子(中央)、育苗の様子(右)(クリックで拡大)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.