ニュース
» 2014年02月21日 22時00分 公開

最後発の「デイズ ルークス」と「eKスペース」は競合3車種に勝てるのか「N BOX」「タント」「スペーシア」と比較(2/3 ページ)

[朴尚洙,MONOist]

エクステリアデザインと車室内の広さが特徴

 デイズ ルークス/eKスペースが、競合車種を上回る特徴として押し出しているのは、エクステリアデザインと車室内の広さである。

 まずエクステリアデザインでは、側面で躍動感のある意匠が目立っている。2本あるキャラクターラインのうち、上部の1本はフロントからリヤに向かって水平に抜け、下部の1本はリヤバンパーに向かって駆け上がっており、ダイナミック感を表現している。また、ボディパネルとウィンドウのラインも、後席部で少し持ち上がるような動きをつけている。「競合車種は、キャラクターラインもボディパネルとウィンドウのラインも、水平方向に走っているだけで縦方向への動きは少ない」(日産自動車の説明員)。また、フロント/リヤともドアガラスの高さを大きめにして、広々とした視界と開放感が得られるようにしたという。

「デイズ ルークス」の側面のキャラクターライン 「デイズ ルークス」のキャラクターライン。「eKスペース」も同様のデザインになっている(クリックで拡大) 出典:日産自動車
「デイズ ルークス」と「eKスペース」の室内高さ、自動スライドドアの開口幅と高さ、ステップ高さ 「デイズ ルークス」の室内高さ、自動スライドドアの開口幅と高さ、ステップ高さ(クリックで拡大) 出典:日産自動車

 車室内の広さでは、スーパーハイトワゴンタイプの軽自動車でトップとなる、1400mmの室内高さがまず挙げられるだろう。これは、ミニバンの「セレナ」よりも高い。また、リヤヘッドルームも1015mmでクラストップである。後席ニールームも761m、ヘッドクリアランスも160mmと、競合車種と同等レベルを確保した。

 スーパーハイトワゴンタイプの軽自動車は、後席側の自動スライドドアも必須の装備となっており、その開口部の広さも重視されている。開口幅は580mm、開口高さは1230mm、ステップ高さは370mmで、これらも競合車種と同等レベルとなっている。

 デイズ ルークス/eKスペースは、主な購買層として、乳児や幼児を育てている女性を想定している。そこで、運転席に座る女性と、後席のチャイルドシートに座る乳児/幼児の距離を近づけられるように、後席のスライド量を大きくとった。260mmはクラストップだ。さらに、前席のシートバックの角を丸めて、女性が後方へ腕を伸ばしやすいような工夫も取り入れている。

「デイズ ルークス」と「eKスペース」の後席スライド量(左)と前席シートバックの工夫 「デイズ ルークス」と「eKスペース」の後席スライド量(左)と前席シートバックの工夫(クリックで拡大) 出典:日産自動車

「アラウンドビューモニター」を「eKスペース」にも展開

 ルーフの中央に設置した送風口から後席に風を送る「リヤシーリングファン(eKスペースはリヤサーキュレーター)」は、軽自動車で初採用となる。前席からのエアコンの空気を後席にも届け、広い室内空間の室温を均等に保つことができる。最も安価なSグレードを除いて、標準装備となっている。

「リヤシーリングファン」のイメージ 「リヤシーリングファン」のイメージ(クリックで拡大) 出典:日産自動車

 自動スライドドアは、インテリジェントキーを身に着けている場合にドアノブのスイッチを押すだけで動作する「ワンタッチスライドドア機能」を備えている。スペーシアで軽自動車初採用となった機能だ。

 日産自動車の独自機能といえば、4個の車載カメラを使って車両の上からの視点で周辺を確認できる「アラウンドビューモニター」がある。デイズ ルークスでも、最も安価なSグレードを除いて、アラウンドビューモニターを表示するディスプレイ付き自動防眩式ルームミラーを標準装備している。

「アラウンドビューモニター」を表示するディスプレイ付き自動防眩式ルームミラー 「アラウンドビューモニター」を表示するディスプレイ付き自動防眩式ルームミラー(クリックで拡大) 出典:日産自動車

 デイズ/eKでは、アラウンドビューモニターをeKでは利用できず、ディスプレイ付き自動防眩式ルームミラーにはバックモニターの映像しか表示できなかった。今回、eKスペースでは、カスタムGとカスタムTの2グレードで、オプション機能ながらアラウンドビューモニターを利用できるようになった(機能名称は「マルチアラウンドモニター(バードアイビュー機能付)」)。

 デイズ/eKで好評だった、タッチパネル式オートエアコンも、最も安価なグレードを除いて標準装備となっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.