連載
» 2014年03月27日 10時00分 UPDATE

アイデア・ハック!! Arduinoで遊ぼう【番外編】:「Intel Galileo」ファーストインプレッション (3/4)

[三月兎,MONOist]

開発環境を構築して、LEDを光らせてみる

 データシート上では、GalileoのCPU性能がArduinoに比べて圧倒的に高いことが分かりました。それでは実際に動作させて、その性能差を実感してみましょう!

 Galileoには、Arduino互換のGalileo専用の統合開発環境(IDE)と、Linux BSP(Board Support Package)が提供されています。今回は、Arduino互換のIDEでテストを行いました。


IDE 画像9 Galileo用のArduino IDE。右下に「Intel Galileo」と表示されている

 開発環境の「Intel Galileo Arduino SW」は、公式サイトからダウンロードできます。対応OSは、Linux(32bit/64bit)、Mac OS X、Windowsです。筆者は、Windows版をダウンロードし、Windows 7搭載PCに環境を構築しました。

 ダウンロードしたZIPファイルを展開する際、展開先を「C:\galileo」とします。パス名が長いと、解凍時にエラーが生じるからです。

ダウンロード 画像10 公式サイトから開発環境とドライバをダウンロード
展開 画像11 ダウンロードしてきたファイルを展開。フォルダにロングネームは厳禁

 GalileoをPCに接続し、ドライバをインストールします。この際、前述したように「ACアダプターを接続してから、USBケーブルを接続する」という手順を必ず守ってください。Galileoに電源を接続してからLinuxが起動するまで、1分ほど時間がかかります。この間、PCのデバイスマネージャーはGalileoを認識しません。

 デバイスマネージャーで、「Gadget Serial Driver」と表示されたのを確認し、ドライバの更新を行います。ドライバは、先ほど解凍したフォルダの「C:\galileo\arduino-1.5.3\hardware\arduino\x86\tools」内にあります(画像12)。

ドライバのインストール 画像12 ドライバのインストール

 インストールが完了したら、早速、IDEを立ち上げましょう。このIDEはGalileoのファームウェアのアップデートもできます。ちなみに、筆者がGalileoの動作確認をしたところ、リセットボタンが機能していませんでしたが、ファームウェアをアップデートしたら動くようになりました。開発を始める前に、ファームウェアをアップデートしておくといいでしょう。

ファームウェア 画像13 ファームウェアのアップデート

 ArduinoのファーストステップであるLED点滅は問題なくできました。注意点は、繰り返し説明している“ケーブルの接続手順”くらいでしょうか。とにかく、カンタンに動かすことができました(動画1)。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.