ニュース
» 2014年04月04日 19時30分 公開

法の抜け穴?:「BMW i3」のCEV補助金、レンジエクステンダー搭載モデルがベースモデルの2倍に (2/2)

[朴尚洙,MONOist]
前のページへ 1|2       

CEV補助金が75万円になるからくり

 なぜ、i3のレンジエクステンダー搭載モデルは、これほどCEV補助金が“お得”なのか。それは、CEV補助金の算出方法によるところが大きい。

 CEV補助金は、車両の定価(税抜き)から、そのEVやPHEVのベース車両価格を基に算出した基準額(EVはベース車両価格に+50万円、PHEVはベース車両価格に+40万円する)を差し引いて、補助率を掛けて計算する。

 i3のベースモデルの基準額が401万円であるのに対して、レンジエクステンダー搭載モデルは392万9000円。一方、車両定価(税抜き)は、ベースモデルが462万370円、レンジエクステンダー搭載モデルが505万5556円。そして、車両定価から基準額を引いて補助率の3分の2を掛け、1万円単位になるよう端数を切り捨てると、以下のようにCEV補助金を算出できる。

ベースモデル
(462万370円−401万円)×2/3=40万6913円≒40万円

レンジエクステンダー搭載モデル
(505万5556円−392万9000円)×2/3=75万1037円≒75万円

 こうなるのは、i3のレンジエクステンダー搭載モデルの基準額が、ベースモデルとほぼ変わらないことが原因だ。本来は、基準額にレンジエクステンダーのコストを上乗せするべきだが、今回は反映されていないようだ。

 今後もCEV補助金を同じように運用するのであれば、i3のように完全に新規開発したEVにレンジエクステンダーを搭載する場合には、ベースのEVよりも多額のCEV補助金が得られるようになる。

 CEV補助金は、自動車からのCO2排出量を削減することを目的としている。しかし、今回のi3の事例では、燃料を消費しないEVよりも、燃料を消費するPHEVの方が補助金額が多くなってしまっている。新規開発のEVにレンジエクステンダーを搭載して販売する事例は今後も十分あり得ることから、今後は運用を見直す必要がありそうだ。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.