特集
» 2014年05月12日 09時48分 公開

企業動向/Internet of Things:IoTはバズワードからビジネストレンドへ――インテルが米国最新事例を報告 (3/3)

[八木沢篤,MONOist]
前のページへ 1|2|3       

ESEC2014 「The Internet of Things starts here.」

 ESEC2014では、IoTゲートウェイを用いたECHONET Lite HEMSシステムのデモの他、産業用途向けワークロード・コンソリデーションに関するデモを行う(関連記事:「The Internet of Things starts here.」――インテルが描くIoTの世界とは)。

 また、FA装置の障害事前通知システムや視聴者を見分けるデジタルサイネージなど、「The Internet of Things starts here.」のスローガンの下、「IoTとは何か?」「なぜIoTがビジネスを変革させるのか?」「その構成要素とは?」など、インテルが描くIoTの世界を、デバイス、ソフトウェア、サービスといったカテゴリーごとに紹介するという。


ESEC2014におけるインテルブースの外観イメージ ESEC2014におけるインテルブースの外観イメージ

 さらに、インテル傘下のマカフィーとウインドリバーもインテルブースに出展。マカフィーは、IoT時代のエッジデバイスのセキュリティを実現するMcAfee Embedded Controlの展示デモを、ウインドリバーは同じくIoT時代のエッジデバイスに最適なリアルタイムOSとして、2014年2月に発表した「VxWorks 7」(関連記事:IoT時代のリアルタイムOS「VxWorks 7」誕生――モジュール性の高いアーキテクチャで再構築)の安全認証のデモを披露するとのこと。

マカフィーウインドリバー (左)マカフィー エンベデッドソリューション営業本部 本部長 南谷勝典氏。「IoT時代において、データセンター側のセキュリティ確保もそうだが、エッジデバイス側の対策も非常に重要となる。その際、機器リソースに負荷を掛けることなく防御できるホワイトリスト方式の『McAfee Embedded Control』が役立つ」(南谷氏)/(右)ウインドリバー 営業技術本部 本部長 志方公一氏。「IoT時代のエッジデバイスには安全性、拡張性、セキュリティが求められる。2014年2月に発表した『VxWorks 7』ではこうした要件を満たす機能拡張がなされている」(志方氏)

第17回 組込みシステム開発技術展(ESEC2014)

会期: 2014年5月14日(水)〜16日(金)
時間: 10:00〜18:00(10日(金)のみ17:00に終了)
会場: 東京ビッグサイト
ブースNo.: 西 9-1


ESEC2014特集 >>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<
前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.