特集
» 2014年06月05日 14時20分 公開

人とくるまのテクノロジー展2014 フォトギャラリー:君はボッシュの次世代ワイパーを見たか!? ゆるキャラあざらしくんも出没 (2/4)

[陰山遼将/朴尚洙,MONOist]

ボッシュの「ジェットワイパー」はウォッシャー液量30%削減


日産自動車の「ミラーボアコーティング」の比較展示。エンジンの摩擦損失を低減できるように、シリンダー内壁を鏡面状に加工している。左側の一般的な鋳鉄ライナーと比べると、ミラーボアコーティングの表面が鏡面になっていることがよく分かる(クリックで拡大)
ホンダが開発中の新型「NSX」のパワートレイン。初代モデルと同様にレイアウトはエンジンがミッドシップ、トランスミッションがリヤのMR方式となっている。ハイブリッドシステムは、前輪に1モーター、後輪に2モーターを排する「SH-AWD」を採用する予定だ(クリックで拡大)

豊田自動織機の「多機能樹脂ルーフ」。樹脂の特徴を生かして、さまざまな機能を統合している。運転支援システムなどに用いる車載カメラや、クーペタイプの車両で設置場所に困るハイマウントストップランプ、太陽光発電パネル、シャークフィン型アンテナなどだ(クリックで拡大)
カルソニックカンセイのヘッドアップディスプレイ(HUD)。運転席のドライバーの目から2m離れた前方に見える画面サイズは18インチで、デンソーの17インチを上回っている。2017年に量産を始める予定。同社は、1988年に世界で初めてHUDを量産したという(クリックで拡大)

ボッシュの次世代ワイパーシステム「ジェットワイパー」(左)と説明パネル。通常のワイパーは、ボンネットにウォッシャー液を噴射するノズルを組み込んでいるが、ジェットワイパーはワイパーアーム内に内蔵している。この構造によりウォッシャー液の噴射量を30%削減できるという。またワイパーシステム全体の重量も10%程度低減可能だ(クリックで拡大)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.