特集
» 2014年07月04日 08時30分 公開

DMM 3Dプリンティングセンターに潜入:手にしたら分かるクオリティ――「DMM 3Dプリント」にグランプリ作品を出力してもらった (3/3)

[八木沢篤,MONOist]
前のページへ 1|2|3       

オリジナルキャラクター部門

 最後の作品は、オリジナルキャラクター部門でグランプリに輝いたノギヲさんの「Waffle maker」だ。かわいらしく、躍動感のある“メカ+少女”。細部の作り込みだけでなく、キャラクター設定などもオリジナリティーあふれた作品で、審査員の高評価を得た。

 実は、この作品が一番出力に苦労した。まず、データだが、細かく作り込まれた部分の厚みが不足しており、出力後の品質確保が困難だったため、ノギヲさんに何度も修正をお願いすることになってしまった。また、造形時間も最長の約60時間とかなりの時間を使い出力。なお、素材は指先や髪の毛、細かいメカパーツを再現するのに最適と考え、アクリル樹脂(高精細)を選択した。

データ実物 ノギヲさんの「Waffle maker」のデータと造形物 ※画像クリックで拡大表示 ※画像クリックで拡大表示

 この作品は見栄えがとても良いので、少し写真を多めに紹介しよう。

Waffle makerWaffle maker (左)前髪やヘッドギアなど細部まで作り込まれている/(右)横顔 ※画像クリックで拡大表示

Waffle makerWaffle maker (左)指先や後ろ髪などの細かさが際立つ/(右)横から見るとその薄さが分かる ※画像クリックで拡大表示

Waffle makerWaffle maker (左)躍動感のあるポージング/(右)クリアなので分かりにくいが顔の表情も付いている ※画像クリックで拡大表示

 いかがだろうか。筆者自身、コンテストの運営や審査にもかかわっていただけに、グランプリに選ばれた作品が実際に出力され、手にすることができることに軽い感動を覚えた。もちろん、3Dプリンタなので触れられて当たり前だが、実際の手触りや見た目の美しさから伝わる感動は、DMM 3Dプリントのサービスによるところも大きいだろう。本稿を見て、3Dプリンティングに興味を持った方は、DMM 3Dプリントを利用してみてはいかがだろうか。

 また、今回のような3Dモデリングコンテストを「3Dモデラボ」上で展開していく予定なので、ぜひとも注目してほしい。もしかするとまた、グランプリ作品の制作者には3Dプリンタが贈られるかも?

つながる、広がる、モノづくり――。「3Dモデラボ」

3Dモデラボ
3Dモデルデータ投稿・共有サービス「3Dモデラボ」。3Dモデルデータを共有し、

モノづくりの楽しさをシェアしよう!!


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.