連載
» 2014年07月11日 10時30分 公開

甚さんの「コミュニケプレゼン」大特訓(10):技術者のプレゼン資料は“図表”が主役 (4/4)

[國井良昌/國井技術士設計事務所(Active Design Office),MONOist]
前のページへ 1|2|3|4       

 同じ要領で、文字の行間は、図4から[B]の行間1.5、もしくは[C]の行間1.2に、図5の文字列は、[B]の幅と決定しました。ただし、[C]を左右2つ並べても好評でした。[B]の幅はパワーポイント画面の4分の3、[C]の幅はパワーポイント画面の2分の1です。

図4 図4 行間を決める(MSPゴシックの場合)
図5 図5 文字列(画面の幅)を決める(MSPゴシックの場合)

良良

甚さん、ばっちり決まりましたね!


甚

あんがとよ。オメェのパワポのメリハリが悪い原因は、「主役不在」と「文字の設計不良」だったのよ。理解したか? そんじゃ、たまにはエリカちゃんにまとめてもらおうか。


エリ

甚さん! これでどうでしょうか? 国木田さん、頑張ってね、あと165時間ぐらいはあるわ。


 それでは、ここで表2にまとめておきましょう。

表2 表2 技術プレゼン用パワーポイントの標準(筆者の推奨)(出典「ついてきなぁ!設計心得の見える化『養成ギブス』」日刊工業新聞社刊)

 技術者には、「技術者向けコミュニケプレゼンスキルアップ」が必要です。これが技術者の「修行」です。また、お会いしましょう。


関連キーワード

設計 | 「甚さん」シリーズ | 3次元CAD



Profile

國井 良昌(くにい よしまさ)

技術士(機械部門:機械設計/設計工学)。日本技術士会 機械部会、埼玉県技術士。横浜国立大学 大学院工学研究院 非常勤講師。首都大学東京 大学院理工学研究科 非常勤講師。

1978年、横浜国立大学 工学部 機械工学科卒業。日立および、富士ゼロックスの高速レーザプリンタの設計に従事。富士ゼロックスでは、設計プロセス改革や設計審査長も務めた。1999年より、國井技術士設計事務所として、設計コンサルタント、セミナー講師、大学非常勤講師としても活躍中。「ついてきなぁ!加工知識と設計見積り力で『即戦力』」(日刊工業新聞社)と「ついてきなぁ! 『設計書ワザ』で勝負する技術者となれ!」(日刊工業新聞社)をはじめとする多数の書籍を執筆。




前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.