連載
» 2014年10月20日 09時00分 公開

モノづくり最前線レポート:ソニーの工場に咲く復興の花、東北産業の“ゆりかご”を目指すみやぎ復興パーク (3/3)

[三島一孝,MONOist]
前のページへ 1|2|3       

みやぎ復興パークが描く未来

 東日本大震災だけでなく、大規模災害が発生した場合、その地域からの大規模な人口流出が発生する。それはライフラインなどが破壊された場合の復旧までの避難の場合もあるが、流出した後戻らないケースも多く、その場合は多くが働き先がなくなったことによるものが多い。実際に阪神大震災の際には被災地域の人口減少傾向は長く続き、被害の大きかった神戸市長田区などは震災後5年が経過しても人口減少が続いたという。

 その意味でもみやぎ復興パークの活動の価値は大きなものがある。実際に「入居に当たり社員やパート従業員などを採用する企業も多く。パート従業員を20〜30人雇うケースもある。雇用創出に貢献できている」とみやぎ復興パークの鈴木氏。今後に向けては、さらに「東北に根付いた東北ならではのビジネスが、ここから旅立つようなことになればうれしい。東北発の新たな産業創出に貢献していきたい」と鈴木氏は語っている。また仙台TEC大崎氏も「ソニーとしても同じ地にある価値を生かし、相互に協力できる体制を作っていきたい」と話している。津波被害を受けた工場から、世界に羽ばたく東北企業が現れる日も、そう遠くないかもしれない。

photo 「東北発の産業創出に貢献したい」と口をそろえる大崎氏(左)と鈴木氏(右)(クリックで拡大)


海外進出だけが能じゃない! 今こそ光るニッポンのモノづくり:「メイドインジャパンの逆襲」コーナーへ

「メイドインジャパンの逆襲」コーナー

「国内市場の縮小」「生産による差別化要素の減少」「国内コストの高止まり」などから、日本の生産拠点は厳しい環境に置かれている。しかし、日本のモノづくり力はいまだに世界で高く評価されている。一方、生産技術のさらなる進歩は、モノづくりのコストの考え方を変えつつある。安い人権費を求めて流転し続けるのか、それとも国内で世界最高のモノづくりを追求するのか。今メイドインジャパンの逆襲が始まる。「メイドインジャパンの逆襲」コーナーでは、ニッポンのモノづくりの最新情報をお伝えしています。併せてご覧ください。


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.