特集
» 2014年10月30日 10時00分 公開

3Dプリンタレビュー:お気軽3Dプリンタ&スキャナ「ダヴィンチ 1.0 AiO」を使ってみた (4/4)

[小林由美,MONOist]
前のページへ 1|2|3|4       

妊婦さんフィギュアを増やしてみましょう

 中には、スキャンで取り込んだままのデータで何とかプリントできた物もありました。私が妊娠9カ月だったころに、渋谷の3Dスタジオ「CUBE」で作ってもらった自分自身のフィギュアです(関連記事「産休中の女性編集記者がカラダ張り過ぎな件(2014/7/4)」)。

こちらが例の妊婦フィギュアです。いまや、このお腹の状態がなつかしいのです。

 私の手元には3Dプリントした像のみがあり、3次元データは持っていませんでした。

妊婦フィギュアをスキャンターンテーブルに配置します。

妊婦フィギュアのスキャンデータです。少なくとも遠目では全く問題なく見えます。

 細部がはしょられたり、誇張されたりしていますが、なんとかプリントに耐えるレベルのデータが作れました。そのデータをそのままプリントしてみたら、ひとまわり痩せた感じで造形されました。妊娠中は太り気味だったので、ちょっとうれしいかも。

左がダヴィンチ製。ややほっそりです。サポートを利用して作られた足元はスキャンし切れていませんが、機能しています。頭上の帽子のような部分が、ちょっぴり気になります。

 実は、いま一番3Dスキャンしたいものは、かつてお腹にいた自分の息子なのですが、今回は無理ですね……。そのうちCUBEか東京リスマチックに連れていこうかと思っています(関連記事「「瞬撮」でフィギュア作ってみる? ――3Dスキャナでは考えられない早さの秘密 」)。

パーソナル3Dプリンタの将来に思いをはせて

 これまで何年も積層造形の装置や現場を取材してきましたが、こうやって自宅で積層造形を体験することになるとは思ってもみませんでした。実は私、プリンタやPCを使いこなすのは、どちらかというと不得手な方です。そんな私でも、こうして自宅で気軽に3Dスキャナを楽しんだり、3Dプリンタで物を作ったりが可能でした。こうして目の前でモノがぱっと作れるとなると、やはり頭の中に作りたいもののアイデアを浮かべるようになります。CADやCGに取り組むモチベーションも非常に上がるものです。

 家電量販店に並べられるパーソナル機が登場したのはつい最近のこと。5年後、10年後、3Dプリンタや3Dスキャナがどんどん身近になっていきそうだと実感しました。大きくなった息子に、3Dプリンタをせがまれる日がくるのかもしれません。


つながる、広がる、モノづくり――。「3Dモデラボ」

3Dモデラボ
3Dモデルデータ投稿・共有サービス「3Dモデラボ」。3Dモデルデータを共有し、

モノづくりの楽しさをシェアしよう!!


関連キーワード

3D | 3Dプリンタ | ソフトウェア | フィギュア | CAD


前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.