連載
» 2014年11月13日 10時00分 公開

【第2話】初心者でも大丈夫、3Dモデリングに挑戦してみよう!!3Dプリンタでデジタルモノづくりをはじめよう(2)(6/7 ページ)

[東京メイカー 中村翼,MONOist]

ガイドスケッチに合わせて立体化していく

 まず、ガイドスケッチを描いたときと同じように[Sketch]メニューから[Sketch Circle]コマンドを選択します。

 ガイドスケッチが描かれている同じ面に、直径「4」mmの円を描きます。そして、[Transform]メニューから[Move]コマンドを選択して、直径「4」mmの円を真上に「13」mm移動します(図16、図17)。



[Transform]メニューから[Move]コマンドを選択して円を移動させる 図16 [Transform]メニューから[Move]コマンドを選択して円を真上に移動させる
上矢印を選択して入力欄に高さ方向の移動距離を入力する 図17 上矢印(Z方向の矢印)を選択して入力欄に、高さ方向の移動距離を入力する

 さらに、直径「4」mmの円の真下(中心点が重なる位置)に、直径「14」mmの円を描きます(図18)。その際、視点を変えると描きやすいでしょう。これで上下に大きさの異なる円が描けたと思います。

その下に直径「14」mmの円を描く 図18 さらにその下に直径「14」mmの円を描く

 今度はこの2つの円を利用して立体形状を作ります。やり方は簡単で[Construct]メニューの[Loft]コマンドを選択し、先ほど描いた大小2つの円を順番にクリックして[Enter]キーを押します(図19)。すると、テトラポッドの足(円すい台)が1つ出来上がります(図20)。

[Construct]メニューの[Loft]コマンドで2次元のスケッチから立体形状を作る 図19 [Construct]メニューの[Loft]コマンドで2次元のスケッチから立体形状(テトラポッドの足)を作る
テトラポッドの足(円すい台) 図20 テトラポッドの足(円すい台)

組み合わせ(ブーリアン)とMake up

Y君(笑)

おー、モデリング脳で見えた形状が立体化されましたよ!


N店長(普)

じゃあ、テトラポッドの足(円すい台)を組み合わせていこう!


Y君(笑)

はい!


N店長(普)

立体を合わせるというのは、「PowerPoint」や「Excel」でも使う絵をグループ化するのと一緒だと考えると分かりやすいね。でも、グループ化と違うところは3Dモデリングの場合は、足し算(グループ化)だけではなく、引き算や掛け算もあるというとこだね。



 テトラポッドは、合計4つの足(円すい台)で構成されます。残り3つの円すい台を作成していきましょう。まず、先ほど作成した円すい台を選択した状態でコピー([Ctrl]+[C])して、ペースト([Ctrl]+[V])します。すると、同じ円すい台がもう1つ作られます。

 次に先ほど作成したガイドスケッチに合わせて、円すい台の位置を調整します。その際、[Transform]メニューの[Move]コマンドを使います。矢印(⇒)マークや丸(○)マークを駆使することで、移動や角度調整が行えます。コツは、始めは横から見た状態で角度を決めて、次に真上から見た状態で位置合わせをすることです。1つ目の円すい台の位置合わせが完了したら、残り2つを同じ要領でコピー&ペーストして作成し、位置合わせをしてください(図21)。

3つの円すい台を組み合わせる 図21 3つの円すい台を組み合わせる

 そして、最後に残りの1つ、トップの円すい台を移動します。うまく移動できない場合は正面方向/横方向/上方向の順に位置を確認しながら微調整してください(図22)。

最後にトップの円すい台を配置 図22 最後にトップの円すい台を配置

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.