ニュース
» 2014年11月20日 09時00分 公開

新型「コペン」2つ目のデザイン「XPLAY」はアキバで初公開、ボカロPとコラボも車両デザイン(2/2 ページ)

[朴尚洙,MONOist]
前のページへ 1|2       

「エクスプレイ」の名称は公募で決定

 エクスプレイは、2014年1月開催の「東京オートサロン2014」や、コペン専用Webサイトなどを通じた公募によって決まった。会見に登壇した新型コペンのチーフエンジニアを務めるダイハツ工業 製品企画部の藤下修氏は、「1カ月ほどの募集期間で378件の応募をいただき、その中から『Extra PLAY』=もっと楽しいという言葉からの造語であるXPLAY(エクスプレイ)に決めさせていただいた」と語る。


「コペン エクスプレイ」とダイハツ工業の藤下修氏 「コペン エクスプレイ」とダイハツ工業の藤下修氏(クリックで拡大)

 新型コペンは、2014年6月に1つ目のデザインであるローブを発売している。このときに発表していた国内月間販売目標台数である700台は、ローブと今回のエクスプレイの両モデルを合わせてのものだったが、ローブだけを販売している現時点までの月間販売台数は約1200台と好調だ。藤下氏は、「エクスプレイの投入により、さらに広いユーザー層にコペンの楽しさを伝えていきたい」と意気込む。


「XPLAYミュージック」と「コペンXPLAYイラストコンテスト」

 エクスプレイは、その外観からも分かる通り、ローブのユーザーよりもさらに若い年齢層を意識したデザインとなっている。そして、エクスプレイの発売に合わせて、クルマに触れたことのないような若者を含めて、従来とは異なるユーザーにアプローチするための取り組み「コペンXPLAYプロジェクト」を始めた。

 コペンXPLAYプロジェクトでは、「クルマで、遊ぼう」をキーワードに、ドライブに行きたくなるネットミュージックを届ける「XPLAYミュージック」と、街に飛び出したくなる新世代のオープンカーのデザインや、エクスプレイの擬人化キャラクターを広く募集する「コペンXPLAYイラストコンテスト」を行う。

 XPLAYミュージックでは、人気ボカロP(初音ミクなどのボーカロイドを使った楽曲のプロデューサー)とネットで注目されている歌い手によるユニットが制作したオリジナルドライブミュージックを5曲発表していく。

「XPLAYミュージック」第1弾は八王子P氏と伊東歌詞太郎氏がオリジナル楽曲を提供 「XPLAYミュージック」第1弾は八王子P氏と伊東歌詞太郎氏がオリジナル楽曲を提供(クリックで拡大)

 一方、コペンXPLAYイラストコンテストでは、画像投稿サイトのpixiv上でエクスプレイをモチーフにしたカーデザインイラストと、擬人化キャラクターのコンテストを行う。応募期間は、2014年12月19日〜2015年1月29日となっている。

「コペンXPLAYイラストコンテスト」のデザインイメージ。カーデザイン部門は出水ぽすか氏(左)、擬人化部門は秋赤音氏によるイラストが参考作品となっている(クリックで拡大)

 会見後半は、XPLAYミュージック第1弾のオリジナル楽曲「By Your Side」を提供する、八王子P氏と伊東歌詞太郎氏のミニライブも行われた。平日の15時半開始にもかかわらず約300人のファンがつめかけた。

ミニライブの様子(左)と約300人のファン(クリックで拡大)
八王子P氏と伊東歌詞太郎氏による「XPLAYミュージック」第1弾「By Your Side」(クリックで再生) 出典:TOY’SFACTORY

 なお、コペンXPLAYプロジェクトの詳細はコペン専用Webサイトで紹介されているので参照していただきたい。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.