ニュース
» 2014年11月26日 15時50分 公開

作業工程と生産ライン構築を一度に検討――富士通が提案するVPSとGP4の連携活用製造ITニュース(2/2 ページ)

[三島一孝,MONOist]
前のページへ 1|2       

新機能の「組み立てブロック」図

 VPSの新バージョンは、製品組み立て手順の詳細を「製造フロー」図として表す機能に加え、ユニット単位などで任意に設定する組み立て工程を1つのブロックとして表現する「組み立てブロック図」機能を追加した。製品組み立てにおける全体工程を容易に把握し、ライン編成までを考慮した組み立てプロセスを検討できる。組み立て手順をブロックごとに確認する際は、アニメーションでの再生の他、半自動で組み立て指示図(ローカルショット)が作成されるので、作業のレベル感に合わせた運用が可能だ。

photophoto (左)の左図が製造フロー。作業工程1つ1つを示せる一方で、工程の数がずっと縦に伸びる表示となり、一目で把握するのが難しい問題を抱えていた。(右)が組み立てブロック図。組み立て工程をまとめてブロックとして表記することで、全体の工程を分かりやすく把握可能となっている(出典:富士通)(クリックで拡大)

 また、組み立て手順のアニメーションから、製造フロー情報とアニメーション中の任意のタイミングを静止させた画像(スナップショット、ローカルショット)を出力し、これらを取り込んで、組み立て手順書などの製造用ドキュメントを瞬時に作成する機能を強化。アニメーションを作成するほど複雑でない作業などは、まとめて爆発図(拡散分解図)として表示することも可能で、作業負担を軽減できるようにしている。

photo 手順書作成支援機能(出典:富士通)(クリックで拡大)

GP4とVPSの連携

 GP4の新バージョンについては、VPSとの連携機能が強化されたことが特徴だ。従来VPSはデジタルプロセス、GP4は富士通が開発を行ってきたが、2014年4月からVPS、GP4ともにデジタルプロセスが開発を行い、富士通は販売に専念する体制へと変更。開発体制が一元化されたことで、連携機能の開発が進んだ。

 そのため、VPSから組み立てブロックの情報を出力してGP4で利用可能となった。GP4上の作業場に対して、組み立てブロック内の工程情報を割り当てることができ、組み立てブロックごとのラインレイアウト構成を検討できる。また、VPSデータを取り込む手順を簡素化し、連携のための工数を大幅に短縮することに成功したという。さらに、メモリ使用量を従来の最大49%削減し性能向上を図っている。

photo VPSとGP4の連携機能。データ取り込み方法の簡素化を実現している(出典:富士通)(クリックで拡大)

 価格は、VPS新製品の標準版が400万円、GP4新製品が400万円となっている。発売から3年間でVPS6000ライセンス販売することを目指すとしている。



前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.