連載
» 2014年11月27日 07時00分 公開

「魅力のないゲーム」と「魅力のあるバグ」山浦恒央の“くみこみ”な話(68)(2/2 ページ)

[山浦恒央 東海大学 大学院 組込み技術研究科 准教授(工学博士),MONOist]
前のページへ 1|2       

3.「魅力あるバグ」の条件

 ゲーム系でのバグが、全て、「魅力のあるバグ」になるとは限りません。逆に、そうでないバグが大多数を占めています。「魅力のあるバグ」の条件とはなんでしょうか? 以下に一例を挙げます。

(1)誰がプレイしても発生する

 重要なことは、同じゲームのプレーヤー間で、「バグ情報を共有」できることです。有名なゲームには、多くのプレイ仲間がいたり、コミニティがあります。そのコミニティの絶好の話題が「こんなバグがあってね……」というバグの話です。みんなに共通するバグの話題は、コミニティを活性化させ、仲間との一体感が深まり、ゲームの人気が長く続きます。

(2)発生頻度が絶妙

 発生条件が分かっていても、1年に1回しか起きないようなレアなバグでは、忘れられてしまう可能性があります。5分おきに発生すると、ゲームの品質に不安を覚えます。適度な発生頻度が求められます。

(3)プレーヤーが(少し)得をする

photo

 ゲームのバグにより、自分が一方的に損をすると、プレーヤーは激怒します。レーシングゲームで後続車に一瞬だけ追い抜かれて、抜き返したのに、コツコツと積み上げたポイントが一挙に半減すると、大きな挫折を感じ、「オレの青春を返せ」と叫びたくなるでしょう。

 一方、得をし過ぎるのも、ゲームをつまらなくします。テレビのクイズ番組でよくあることですが、「それでは、最終問題です。これに正解すると、最下位のチームも優勝できるチャンスがあります」と言われると、「じゃあ、これまでの問題は何だったのか?」と世の無常を感じることでしょう。やはり、少しだけ得をするバグが歓迎されます。

(4)プレイ全体の進行に悪影響がない。

 自分が得をしても、その度にゲームが10秒止まると、プレーヤーはイライラします。大きな得をしても、画面がフリーズしたり、再起動しなければならないようなら、このバグは「悪」です。

4.おわりに

 一般の組み込み系ソフトウェアと、ゲーム系のプログラムでは、バグに対する考え方が大きく異なることをお分かりいただけたと思います。ゲームでのバグは、必ずしも「バグ」ではなく、「ゲームの魅力」になり得ます。ただし、最近のゲーム開発では、「バグはバグ」と考えて、修正する傾向にあるそうです。

 一般の組み込み系ソフトウェアのバグでも、ゲーム系のように「魅力のあるバグ」があるかもしれません。「バグは悪」と条件反射的に判断せず、「このバグは、魅力に繋がらないか?」と10秒だけ考える癖をつけると、意外な機能を実装するきっかけになると思います。

photo

【 筆者紹介 】
山浦 恒央(やまうら つねお)

東海大学 大学院 組込み技術研究科 准教授(工学博士)


1977年、日立ソフトウェアエンジニアリングに入社、2006年より、東海大学情報理工学部ソフトウェア開発工学科助教授、2007年より、同大学大学院組込み技術研究科助教授、現在に至る。

主な著書・訳書は、「Advances in Computers」 (Academic Press社、共著)、「ピープルウエア 第2版」「ソフトウェアテスト技法」「実践的プログラムテスト入門」「デスマーチ 第2版」「ソフトウエア開発プロフェッショナル」(以上、日経BP社、共訳)、「ソフトウエア開発 55の真実と10のウソ」「初めて学ぶソフトウエアメトリクス」(以上、日経BP社、翻訳)。


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.