ニュース
» 2015年01月09日 15時00分 公開

「ミライ」2台分のシステムを搭載する燃料電池バス、水素タンク8本で150km走行燃料電池車(2/2 ページ)

[朴尚洙,MONOist]
前のページへ 1|2       

「FCHV-BUS2」から12年ぶりの改良

 トヨタ自動車と日野自動車は、2001年6月に燃料電池バスの試作車「FCHV-BUS1」を開発し、2002年9月には公道走行可能な「FCHV-BUS2」を発表している。FCHV-BUS2は、2005年3月開催の愛・地球博にも利用された。

 FCHV-BUS2も、今回のFCバスと同様に燃料電池スタックを2個搭載していた。使用した燃料電池スタックは、トヨタ自動車が2002年12月に限定発売したSUVタイプの燃料電池車「FCHV」に用いられている「トヨタFCスタック」(最高出力90kW)である。この他、最高出力80kW/最大トルク260Nmのモーターを2個、耐圧35MPaの水素タンクを5本用いている。

燃料電池バス「FCHV-BUS2」 燃料電池バス「FCHV-BUS2」 出典:トヨタ自動車

 FCバスは、FCHV-BUS2の発表から約12年ぶりの改良となる。燃料電池スタックの最高出力は約26%、モーターの最高出力も約37%向上しているだけでなく、水素タンクの耐圧を35MPaから70MPaに高めて本数も5本から8本に増やしている。乗車定員も、FCHV-BUS2は60人だったがFCバスは77人に増えた。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.