ニュース
» 2015年02月13日 08時00分 公開

ホンダが立駐対応の3列シートハイブリッド車「ジェイド」の投入で目指すもの4代目「オデッセイ」や「ストリーム」の後継車(3/4 ページ)

[陰山遼将,MONOist]

“本物”を追求したデザイン

 ジェイドのエクステリアデザインのテーマは、「Light&Solid」。「セダンのような低い全高を生かしながらも、フェザーのように軽快なキャビンをしっかりとした足回りが支えているようなフォルムを目指した」(ホンダ)という。特に全高の高低を印象づけやすいルーフ部分は、ベルトラインを下げることで全高の低さを強調するようなデザインとなっている。また、テールランプとストップランプにLEDを採用することで、上質感を演出した。


「ジェイド」(クリックで拡大)

 インテリアデザインのテーマは「Natural&Advance」。爽快なキャビンと先進的なコクピットの融合を目指したという。キャビン部分は、“ナチュラルに感じられる上質感”を追求し、シルバー加飾で縁取りした木目加飾パネルを配置することで、上質な家具を思わせるデザインが施された。

「ジェイド」のインテリア(クリックで拡大)出典:ホンダ

 コクピット部分は、メーター類をステアリングホイールの外側にレイアウトすることで、先進的な雰囲気を演出。メーター自体のデザインも、左右にエコインジケーターの機能をもたせた円弧状のアンビエントとブルーバーの加飾を施すことで、ハイブリッド車のクリーンなイメージと先進性を表現している。

「ジェイド」の運転席部分(クリックで拡大)出典:ホンダ

 また、シートに使用する素材にもこだわり、シートサイド部には汚れに強く手入れがしやすく、手になじみやすいプライススムースを採用。座面と背もたれの部分には、スポーツウェアなどに利用される通気性と耐摩耗性に優れた素材を利用することで機能性を高めている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.