ニュース
» 2015年02月20日 08時00分 公開

新型「エブリイ」はオートギヤシフトでエコカー免税、自動ブレーキも搭載「ウェイク」よりドデカク使える?(2/3 ページ)

[朴尚洙,MONOist]

新型「エブリイワゴン」と「ウェイク」と室内寸法を比較

 外形寸法は、新型エブリイが全長3395×全幅1475×全高1895mm(「GAグレード」のみ全高が1800mm)で、新型エブリイワゴンが全長3395×全幅1475×全高1815(標準ルーフ)もしくは1910(ハイルーフ)mm。ホイールベースはともに2430mmである。車両重量は、新型エブリイが840〜950kg、新型エブリイワゴンが940〜1010kg。

 新型エブリイワゴンの全高はハイルーフの場合で1910mmになる。これは、全高の高さによる収納性を全面に押し出したダイハツ工業「ウェイク」の全高1835mmを大幅に上回る(関連記事:ダイハツの新型車「ウェイク」は新市場を切り開けるか)。3ナンバーミニバンであるトヨタ自動車の「アルファード・ヴェルファイア」の全高1880mmさえ上回る高さだ。

 新型エブリイワゴンは、室内寸法が室内長2240×室内幅1355×室内高(ハイルーフ)1420mmと、車室内の広さも特徴となっている。ウェイクの室内長2215×室内幅1345×室内高1455mmと比べて、室内長と室内幅で上回っている。ただし、ウェイクより全高が75mm高いにもかかわらず、室内高は新型エブリイワゴンの方が35mm低い。

新型「エブリイワゴン」の室内寸法 新型「エブリイワゴン」の室内寸法内装(クリックで拡大) 出典:スズキ

クラストップの荷室の広さ

 軽商用車である新型エブリイに最も求められる機能は積載性だ。荷室寸法は、後部座席を使わずに折り畳む2人乗車の場合で、荷室長が1910mm、荷室高が1240mm、荷室床面長は1955mm。荷室幅は4人乗車の場合で1385mm。助手席を前倒し時の床面長(1人乗車)が2640mm。これら全てはクラストップをうたう広さだ。荷室を拡大する一方で、タイヤ位置とダッシュボードパネルを前方に移動することにより、従来モデルと同等の前部座席スペースを確保した。

新型「エブリイ」の荷室寸法 新型「エブリイ」の荷室寸法 出典:スズキ

 商用車の積載性は、荷室の広さだけでなく、荷物の載せやすさも重要になってくる。新型エブリイは、後部ドアと後席ドアそれぞれの開口部高と開口部幅もクラストップとした。後部ドアの開口部高は1165mm、開口部幅は1340mm、後席ドアの開口部高は1255mm、開口部幅は775mmとなっている。

新型「エブリイ」の後部ドアの開口部高と開口部幅新型「エブリイ」の後席ドアの開口部高と開口部幅 新型「エブリイ」の後部ドア(左)と後席ドア(右)の開口部高と開口部幅(クリックで拡大) 出典:スズキ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.